製品概要

機能と利点

  • スレショールド値に対して±0.5℃(typ)の精度
  • 工場出荷時にトリップポイントの設定
    -45℃~+15℃ 10℃単位
    +35℃~+115℃ 10℃単位
  • 外付け部品は一切不要
  • 最大温度計測値:125℃
  • オープン・ドレイン出力(ADT6501/ADT6503)
  • プッシュプル出力(ADT6502/ADT6504)
  • ヒステリシスはピンで設定可能:2℃または10℃
  • 消費電流:30μA(typ)
  • 実装面積の小さな5ピンSOT-23パッケージ

製品概要

ADT6501/ADT6502/ADT6503/ADT6504はトリップ・ポイントを備えた温度スイッチで、5ピンSOT-23パッケージで提供されます。各デバイスは局部温度検出のためにバンドキャップ温度センサーを内蔵しており、温度がトリップ・ポイントを超えるとロジック出力が起動されます。ADT6501/ADT6503のロジック出力はアクティブ・ローのオープン・ドレイン、ADT6502/ADT6504のロジック出力はアクティブ・ハイのプッシュプルです。温度は0.125℃(11ビット)の分解能にデジタル化されます。工場出荷時のトリップ・ポイント設定値は、低温スレッショールドのモデルでは-45℃~+15℃の間で10℃単位ですが、高温スレッショールドのモデルの場合は+35℃~+115℃の間での10℃単位となっています。

これらのデバイスは外部部品が一切不要で、消費電流は通常30μA。ヒステリシスは2℃および10℃でピンで選択できます。温度スイッチは2.7~5.5Vの電源電圧範囲で動作するように仕様規定されています。

ADT6501/ADT6502は+35℃~+115℃までの温度を監視するために使用するので、ロジック出力ピンは温度がトリップ・ポイントの設定値より高くなるとアクティブになります。

ADT6503/ADT6504は-45℃~+15℃までの温度を監視するために使用するので、ロジック出力ピンは温度がトリップ・ポイントの設定値より低くなるとアクティブになります。

製品ハイライト

  1. 高精度並びに高いノイズ耐性を備えた∑Δ方式の温度計測
  2. 広い動作温度範囲:-55℃~+125℃
  3. 精度:±0.5℃(typ値、-45℃~+115℃)
  4. 工場出荷時でスレッショールド温度設定:-45℃~+115℃(インクリメント値10℃)
  5. 電源電圧:2.7~5.5 V
  6. 電源電流:30μA
  7. 省スペース・パッケージ:5ピンSOT-23
  8. ピンで選択可能な温度ヒステリシス:2℃または10℃
  9. 温度分解能:0.125℃

アプリケーション

  • 医療機器
  • 自動車
  • 携帯電話
  • ハードディスク・ドライブ
  • パーソナルコンピュータ
  • 電子試験機器
  • 家電製品
  • プロセス制御
  • 製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

    この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

    設計リソース

    ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.