ADRF6518
: 製造中止
searchIcon
cartIcon

ADRF6518

可変ゲイン・アンプ/ベースバンド・プログラマブル・フィルタ、1100MHz

すべて表示 showmore-icon

: 製造中止 tooltip
: 製造中止 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • マッチングされたペアーのプログラマブル・フィルタとトリプルVGA
  • 連続ゲイン制御範囲:72 dB
  • デジタル・ゲイン制御:30 dB
  • フィルタ・バイパス・モードの帯域幅(BW):
    ±1dBのゲイン平坦特性:300MHz
    -3dB小信号帯域幅:650MHz/1100MHz VGA2とVGA3それぞれ21dB/12dB
  • 6ポール・バターワース・フィルタ1MHz~63 MHz(1MHzステップ、0.5dBコーナ周波数)
  • ピーク検出機能
  • IMPD3:1.5Vp-p複合出力に対して65dBc以上
  • HD2、HD3:1.5Vp-p出力に対して65dBc以上
  • 差動入力/差動出力
  • 柔軟な出力および入力のコモンモード範囲
  • オプションのDC出力オフセット補正機能
  • SPIでプログラム可能なフィルタのコーナとゲイン・ステップ
  • パワーダウン機能付きの3.3V単電源動作
製品概要
show more Icon

ADRF6518は、完全差動の低ノイズ、低歪のプログラマブル・フィルタと可変ゲイン・アンプ(VGA)のペアーで、お互いマッチングされています。各チャンネルは、大きなアウトバンドの干渉をリジェクトし、一方必要な信号を確実にする能力を備えていますので、A/Dコンバータ(ADC)での帯域幅と分解能の必要性を軽減することが出来ます。チャンネル間の優れたマッチングと、全てのゲインと帯域幅の設定にわたる高いスプリアス・フリー・ダイナミックレンジを備えているため、ADRF6518は、高密度コンステレーション、マルチキャリアと近隣干渉を伴う直交ベース(I/Q)の通信システムにとって理想的な製品といえます。種々のアンプ・ゲイン、フィルタのコーナおよび他の機能は、全てシリアル・インターフェース(SPI)ポートを介してプログラム可能です。

フィルタの前に置かれた最初のVGAは、9dB、12dBおよび15dBの固定ゲイン・オプションと共に連続した24dBのゲイン制御を提供し、400Ωの差動入力インピーダンスを設定します。 このフィルタは、1MHz~63 MHz間で1MHzステップで0.5dBコーナ周波数を持つ6ポールのバターワース応答を提供します。63MHzを越す動作では、フィルタはディセーブルにすることができ完全にバイパスされますので、最大1100MHzまで-3dB帯域幅を拡張します。ワイドバンド・ピーク検出は、フィルタ入力でのピーク信号をモニターすることが可能です。フィルタの後に置かれた、ペアーのVGAは、それぞれ12dB、15dB、18dBおよび21dBの固定ゲイン・オプションと共に、連続した24dBのゲイン制御を提供します。出力バッファは、追加の3dBまたは9dBのゲインを提供し、10Ω以下の差動出力インピーダンスを提供します。

これらは、65dBcのHD3より優れた性能で、400Ω負荷に対して1.5Vp-pを駆動する能力があります。出力のコモンモード電圧は、ディフォルトでVPS/2ですが、VOCMピンを介して900mVまで小さく調整することができます。各チャンネルの独立した、内蔵のDCオフセット補正ループは、もし完全なDC結合動作が必要な場合は、SPIを介してディセーブルにすることが可能です。ハイパスのコーナ周波数は、OFS1とOFS2ピン上の外部コンデンサとポスト・フィルタのVGAのゲイン、によって決められます。ADRF6518は、3.15V~3.45Vの供給電源電圧で動作し、400mA(max)の電流を消費します。完全ディセーブル時の消費電流は1mA以下です。ADRF6518は、最新シリコン・ゲルマニウムBiCMOSプロセスで製造され、露出パドル付きの32ピンLFCSPを採用しています。性能は、-40°C~+85°Cの温度範囲にわたって仕様規定されています。


アプリケーション

  • ポイントtoポイントおよびポイントtoマルチ・ポイント間無線
  • ベースバンドI/Qレシーバ
  • ダイバーシティ受信器
  • ADCドライバ
  • 計測機器
  • 医療機器

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

EVAL-ADRF6518

ADRF6518 Evaluation Board

zoom

EVAL-ADRF6518

ADRF6518 Evaluation Board

ADRF6518 Evaluation Board

製品の詳細

The ADRF6518-EVALZ is a full featured evaluation board designed to allow the user to easily evaluate all features of the ADRF6518. The evaluation board provides a USB interface for easy filter  programming, input and output SMA connections with single ended setups for both channels (due to the use of baluns). There is an optional configuration for fully differential, AC or DC coupled signaling for the input and output signal paths if user desires. Easy access to the three analog gain pins and input and output common-mode control pins are done though a 5×2 header. Measuring the peak detector is easily achieved via a 2×1 header. Enabling the ADRF6518 is done with a jumper and header combination. All headers are labeled appropriately. Access to the +3.3 V/360 mA single supply is achieved with clip leads to the VPS and COM test points; it has a range from +3.15 V to +3.45 V. Easy split supply operation is achieved with the removal of one 0 Ω resistor and the use of the VPI test point. Nominal VPI voltage range is between +3.3 V and +5 V. This configuration is useful if the user wants to test a +5 V supply ADI IQ Demodulator with the ADRF6518-EVALZ in a DC coupled fashion. The ADRF6518-EVALZ board is a 4 layer FR4 board. Setting the filter's cutoff frequency, filter bypass mode, maximum digital gain settings, power mode, and the output offset correction loop enable are all achieved via the SPI port which can be programmed via the ADRF6518 USB software provided on the ADI webpage.

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

最近閲覧した製品