製品概要

機能と利点

  • 3A/3A、又は3A/2Aのデュアル出力負荷構成または6Aのシングル出力に設定可能
  • 高い効率:最大95%
  • 入力電圧VIN:2.75 V~5.5 V
  • 選択可能な固定電圧出力:0.8V、1.2V、1.5V、1.8V、2.5V、3.3Vまたは最小0.6Vの調整可能出力電圧
  • ±1.5% 精度のリファレンス電圧
  • 選択可能な固定スイッチング周波数:300 kHz、600 kHz、1.2 MHz、または、200 kHzから2 MHzの外部クロックに同期可能
  • EMI軽減のためのゲート・スルーレートの最適化
  • 外部同期または内部クロック出力
  • デュアル・フェーズ、180°シフトしたPWMチャンネル
  • 高速トランジェント応答のための電流モード、電流検出用抵抗は不要
  • 軽負荷でのパルス・スキップ・モードまたはPWM動作の強制
  • 詳細については、データシートを参照してください

製品概要

ADP2116は、融通性を備えた同期型ステップダウンのスイッチング・レギュレータで、ユーザーの負荷要求に応じて広いレンジが設定できます。2つのPWMチャンネルは、独立した3Aと3A(あるいは1Aと2A)出力を提供できるような設定ができ、またシングルの交互出力として6Aを出力できる構成もできます。2つのPWMチャンネルは180°位相シフトされており、入力のリップル電流を軽減でき入力容量を軽減します。 

ADP2116は高効率性能を提供し、最大2MHzの高いスイッチング周波数を可能とします。軽い負荷状態では、ADP2116は高効率化、またはPWMモードでのノイズに敏感なアプリケーションのためのパルス・スキップ・モードの動作に設定できます。 

ADP2116は、EMI放射を軽減させるためゲート・スルーレートを最適化するような設計となっており、電源に敏感な高性能のシグナル・チェーン回路での使用を可能としています。スイッチング周波数は300kHz、600kHz、1.2MHzに設定でき、また外部クロックに同期させることができ、システム・ノイズを最小化できます。双方向の同期ピンは、90°ずれた位相の出力クロックとして構成可能で、積み重ねマルチフェーズの電源ソリューションとしての可能性を提供します。 

ADP2116は2.75V~5.5Vの入力電圧範囲から動作し、0.8V、1.2V、1.5V、1.8V、2.5V、3.3Vの固定出力電圧に変換します、これらの出力電圧は外部抵抗によって各チャンネルの設定ができます。外部抵抗の分圧器を使うことで、0.6Vまでの低い出力電圧に設定することも可能です。ADP2116は-40℃~+125℃のジャンクション温度範囲で動作します。 

アプリケーション
  • POL(ポイント・オブ・ロード)用安定化電源
  • 通信システムとネットワーク・システム
  • 民生用電子機器
  • 工業用および計測器
  • 医療機器

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

ツール

設計ツール

ADP2114/16 Dual Buck Regulator Design Tool

Microsoft Excel download tool from ADIsimPower to generate a power supply design complete with a schematic, bill of materials, and performance specifications.

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明