製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • 広い電源電圧範囲:2.4V~3.7V
  • 安定化電源とバッテリ入力を切り替える内部バイポーラ・スイッチ
  • パワー・セービング・モード(PSM)を備えた超省電力動作
  • 低消費のバッテリ・モード
    • I/O、アラーム、UARTからのウェークアップ
    • LDCドライバ動作
  • 弊社独自のADCとDSPによって、高精度な有効(ワット)/無効(var)/皮相(電圧、電流)電力計測を実現
  • IEC62053-21、IEC62053-22、EN50470-3のクラスA、クラスB、クラスCおよびANSI C12-16をサポート
  • シングルサイクル4MIPSの8052コア内蔵

    詳細はデータシートをご参照ください。


製品概要
show more Icon

ADE7116/ADE7166/ADE7169/ADE7566/ADE7569は、アナログ・デバイセズの電力量計用IC(ADEシリーズ)で、アナログ・フロントエンド、固定機能DSP、機能強化された8052MCUコア、RTCおよびLCDドライバ、LDC表示器を持った電子電力量計を作るにあたり必要な周辺機能全てが、この製品1つに集積されています。

ADEシリーズの計測コアは、有効/無効/皮相電力量などの計算、および電圧/電流のRMS計測を含んでいます。これは、電力量の分析が内蔵されているため電力料金用としてすぐに利用できることを意味します。電力量計測用のDSPには、電力線にまつわる、SAG、ピーク、ゼロクロスなどの監視機能も含まれており、電力量計の設計が簡単に行えます。

マイクロプロセッサは、機能的には、シングルサイクルの8052コア、電源バックアップピンを伴った完全なRTC、UARTとSPIまたはI2C®インターフェースを含んでいます。ADEコア用に用意されている情報で、必要とするプログラムノメモリ・サイズを低減し、込み入った設計を16kBのフラッシュ・メモリ内に簡単に作ることができます。

ADE7116/ADE7166/ADE7169/ADE7566/ADE7569にはまた108-/104-セグメントのLCDドライバも含まれています。ADE7166/ADE7169/ADE7566/ADE7569ドライバは最大5VまでのLCDを駆動できる電圧を生成します。

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント
評価用キット

評価用キット 1

EVAL-ADE7169

ADE7169 Evaluation Board

zoom

EVAL-ADE7169

ADE7169 Evaluation Board

ADE7169 Evaluation Board

機能と利点

  • Full evaluation kit including evaluation board hardware, evaluation software, and development tools
  • Supported by IAR development tools for assembly and C code development
  • Isolated USB-to-UART communication
  • LabVIEW evaluation software for evaluation of meter performance
  • LabVIEW download tools for user firmware download
  • Single evaluation board supports ADE7116/ADE7166/ADE7169/ADE7566/ADE7569
  • EVAL-ADE7169EBZ-2 comes with ADE7169 IC installed

製品の詳細

This Evaluation Board is no longer available for ordering. Please see the ADE7953 Evaluation Board.


The ADE7116/ADE7166/ADE7169/ADE7566/ADE7569 integrate the Analog Devices, Inc., energy (ADE) metering IC analog front end and fixed function DSP solution with an enhanced 8052 MCU core, a RTC, an LCD driver, and all the peripherals to make an electronic energy meter in a single part.


The ADE measurement core includes active, reactive, and apparent energy calculations, as well as voltage and current rms measurements. This information is accessible for energy billing by using the built-in energy scalars. Many power line supervisory features such as SAG, peak, and zero crossing are included in the energy measurement DSP to simplify energy meter design.


The microprocessor functionality includes a single-cycle 8052 core, a RTC with a power supply backup pin, an SPI or I2C interface, and one to two UART interfaces. The ready-to-use information from the ADE core reduces the requirement for program memory size, making it easy to integrate complicated design into 16kB or 62 kB of flash memory.


The evaluation kit allows the user to evaluate the energy metering performance and RTC through a Labview software program without requiring the user to develop firmware. The evaluation kit is supported by a kickstart version of the IAR integrated development environment, allowing the user to develop and debug code on the evaluation board. An isolated USB to UART converter allows in-circuit debugging with the IAR interface as well as for downloading code to the IC. This isolated USB to UART converter also provides an isolated UART for developing communication drivers to a PC, for example. If the user has an LCD, this can be connected to the evaluation board to evaluate the LCD driver performance.

最近閲覧した製品