AD9993
: 製造中止
searchIcon
cartIcon

AD9993

統合ミックスド・シグナル・フロントエンド(MXFE)

すべて表示 showmore-icon

: 製造中止 tooltip
: 製造中止 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格
価格は未定
特長
  • クワッド14ビット、250 MSPSのADC:
    SFDR = 83 dBc@87 MHz入力
  • デュアル14ビット、500 MSPSのDAC:
    SFDR = 75 dBc@20 MHz出力
  • オンチップPLLクロック・シンセサイザ
  • 低消費電力:1536 mW、1 GHzマスタ・クロック、オンチップ・シンセサイザ
  • 500 MHzのダブル・データ・レート(DDR)
  • DACとADC用のLVDSインターフェース
  • 小型、12 mm×12 mmの鉛フリーBGAパッケージ

製品概要
show more Icon

AD9993は、4つの14ビットADCと2つの14ビットDACを内蔵した、ミックスド-シグナル・フロントエンド(MxFE®)デバイスです。図1に、このMxFEのブロック図が示されています。MxFEは、シリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)を介してアクセスされるレジスタを使って、プログラム可能となっています。ADCとDACのデータ経路には、LVDSレーンのクロックとデータ・コンバータのサンプリング・クロック間の位相の相違を併合するためのFIFOバッファが含まれています。 

MxFEのDACは、アナログ・デバイセズの高速CMOS・DACコア・ファミリーの一部となっています。これらのDACは、広帯域幅通信システムの伝送(Tx)シグナル・チェーンで使われるように設計されています。 

MxFEのADCは、通信用の受信で使われるように設計された、マルチ・ステージ・パイプラインCMOS・ADCコアです。 

アプリケーション
  • ポイントtoポイントのマイクロ波バックホール無線
  • 無線用リピータ

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格
価格は未定

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
AD9993BBCZ
  • HTML
  • HTML
AD9993BBCZRL
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

2 7, 2020

- 20_0009

Discontinuance of several packages at STATS (JCET) Singapore

AD9993BBCZ

製造中止

AD9993BBCZRL

製造中止

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

2 7, 2020

- 20_0009

arrow down

Discontinuance of several packages at STATS (JCET) Singapore

AD9993BBCZ

製造中止

AD9993BBCZRL

製造中止

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

EVAL-AD9993

AD9993 評価用ボード

zoom

EVAL-AD9993

AD9993 評価用ボード

AD9993 評価用ボード

製品の詳細

AD9993-EBZ は、4 つの 14 ビット ADC と 2 つの 14 ビット DAC を内蔵したミックスド・シグナル・フロントエンド(MxFE®)デバイス、AD9993 の評価用ボードです。

ミックスド・シグナル・フロントエンドは、シリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)を介してアクセスされるレジスタを使用してプログラムできます。ADC と DAC のデータ・パスには、LVDS レーンのクロックとデータ・コンバータのサンプリング・クロック間の位相差を吸収するための FIFO バッファが含まれています。

ミックスド・シグナル・フロントエンド DACは、アナログ・デバイセズの高速 CMOS DAC コア・ファミリーの一部となっています。これらの DAC は、広帯域幅通信システムのトランスミッタ(Tx)シグナル・チェーンで使用されるように設計されています。

ミックスド・シグナル・フロントエンド ADC は、通信用レシーバーで使用されるように設計された多段パイプライン CMOS ADC コアです。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

最近閲覧した製品