製品概要

機能と利点

  • ブロードバンド・アプリケーション向け低価格3.3V CMOS MxFE®
  • DOCSIS、EURO-DOCSIS、DVB、DAVIC互換
  • 232 MHz直交デジタル・アップコンバータ
  • 12ビット・ダイレクトIF・DAC(TxDAC+®
  • 最大65 MHzまでのキャリア周波数DDS
  • プログラマブル・サンプリング・クロック・レート
  • アナログTx出力レベル調整
  • ビデオ・クランプ入力付きデュアル12ビット、29 MSPSのダイレクトIF・ADC
  • 10ビット、29 MSPSのサンプリングADC
  • 8ビットΣ-Δ型補助DAC
  • PGAケーブル・ドライバのAD8321/AD8323またはAD8322/AD8327とダイレクト・インターフェースが可能

製品概要

AD9878は、単電源で動作するケーブル・モデム/セットトップ・ボックス対応のミックスド・シグナル・フロントエンドです。この製品は送信経路インターポレーション・フィルタ、フル機能の直交型デジタル・アップコンバータ、送信D/Aコンバータを搭載しています。受信経路にはデュアル、12ビットADCと10ビットADCを搭載されています。内部で必要な全クロックと出力システム・クロックは、1個の水晶発振器/クロック入力からPLLによって生成されます。

送信経路インターポレーション・フィルタは、最大5.8 MHzの出力信号帯域幅で16×のアップサンプリング係数をサポートします。ダイレクト・デジタル・シンセサイザ(DDS)は、26ビットの周波数チューニング分解能で最大65 MHzのキャリア周波数を生成します。送信DACの分解能は12ビットで、232 MSPSのサンプリング・レートで実行できます。低い出力レベルが必要な場合は、0~7.5 dB(0.5 dBステップ)のアナログ出力を使って送信経路のS/N比を保持できます。

12ビットADCの優れたアンダーサンプリング性能により、最大70 MHzのIF入力でENOBが10を超える優れた性能が得られます。12ビットIF ADCは最大29 MHzのサンプリング・レートをサポートできるので、広帯域の信号入力を処理できます。

AD9878はプログラマブルΣΔ DACを搭載していますが、これにより可変ゲイン・アンプ(VGA)、電圧制御チューナなどの外部コンポーネントを制御できます。ホスト・プロセッサは、AD9878が搭載しているCAポートを使用して、MxFEシリアル・ポート(SPORT)経由でPGA(プログラマブル・ゲイン・アンプ)ケーブル・ドライバのAD8321/AD8323またはAD8322/AD8327/AD8328とインターフェースできます。

AD9878は100ピンLQFPパッケージを採用しています。AD9878は、拡張工業温度範囲(-40°C ~ +85°C)で仕様規定されています。

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.