AD8322
: 製造中止
searchIcon
cartIcon

AD8322

5 V CATV Line Driver with Coarse Step Output Power Control

すべて表示 showmore-icon

: 製造中止 tooltip
: 製造中止 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品概要
show more Icon
The AD8322 is a low cost digitally controlled variable gain amplifier optimized for coaxial line driving applications such as cable modems that are designed to the MCNS-DOCSIS upstream standard. A 8-bit serial word determines the desired output gain over a 42 dB range resulting in gain changes of 6 dB/LSB.

The AD8322 comprises a digitally controlled variable attenuator of 0 dB to -42 dB, which is preceded by a low noise, fixed gain buffer and is followed by a low distortion high power amplifier. When used in a DOCSIS modem application the AD8322 works with the attenuator available on some demodulators to support the 50 dB range required by DOCSIS. The AD8322 accepts a differential or single-ended input signal. The output is specified for driving a 75 Ohm load, such as coaxial cable, although the AD8322 is capable of driving other loads.

An evaluation board is available for this product and may be ordered using the following product number AD8322-EVAL.

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

EVAL-AD8322

AD8322 Evaluation Board

zoom

EVAL-AD8322

AD8322 Evaluation Board

AD8322 Evaluation Board

製品の詳細

The AD8322 is a low cost digitally controlled variable gain amplifier optimized for coaxial line driving applications such as cable modems that are designed to the MCNS-DOCSIS upstream standard. A 8-bit serial word determines the desired output gain over a 42 dB range resulting in gain changes of 6 dB/LSB. Full data on the AD8322 and the evaluation board features is available in the AD8322 data sheet available from Analog Devices and should be consulted in conjunction with this Technical Note when using the Evaluation Board. On-board components include an input transformer to convert single ended input signals into a differential signal, a diplexer to allow insertion into a cable modem system, and various options for input and output terminations.


最近閲覧した製品