製品概要

機能と利点

  • 全機能内蔵デュアル12ビットDAC
  • 外付け部品不要
  • +5V単一電源動作
  • +4.095Vフルスケール(1mV/LSB)
  • 電圧出力、±5mA駆動能力
  • 低消費電力:5mW

製品概要

AD8582は、+5Vの単電源で動作するように設計された全機能内蔵型、パラレル入力のデュアル12ビット電圧出力D/Aコンバータ(DAC)です。このモノリシックDACはCBCMOSプロセスを利用して製造されており、低価格で使いやすい+5V電源専用動作のシステムを実現します。

チップ上には2個のDACに加えて、各1個のレールtoレール・アンプ、ラッチ、電圧リファレンスを搭載しています。電圧リファレンス(VREF)は2.5V出力にトリミングされており、オンチップのアンプは4.095VのフルスケールDAC出力を供給するようにゲイン設定されています。ユーザは+5Vの電源を供給するだけです。

AD8582のコーディングは、ストレート・バイナリです。オペアンプの出力は1ビット当たり1mVの分解能で0~+4.095Vの電圧範囲まで振幅し、±5mAの電流を駆動できます。最低4.3Vの電源動作が可能であり、このとき出力負荷電流は1mA未満となります。

高速のパラレル・データ・インターフェースは、待ち状態を発生させずに最高速のプロセッサと接続します。ダブルバッファの入力構造を採用しているため、一度につき1個の入力レジスタに対してデータをロードし、その後で1つのロード・ストローブ信号をLDAとLDB両方の入力に接続して、2個のDAC出力を同時にアップデートできます。また、LDAとLDBの各入力を個別にアクティブにして、それぞれ対応するDACレジスタを即時にアップデートすることも可能です。チップ・セレクトのCS入力がストローブされるときに、アドレス入力によってDAC AまたはDAC Bのいずれかをデコードします。非同期のリセット入力は、出力をゼロ・スケールに設定します。MSBビットを使用して、リセット入力がストローブされるときに出力をミッドスケールにプリセットすることできます。

AD8582には、24ピンのプラスチックDIPと表面実装の24ピンSOICパッケージがあります。-40~+85℃の動作温度範囲、および+5V±5%の全電源電圧範囲で完全に仕様規定しています。

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明