製品概要

機能と利点

  • 128の積分チャンネル
  • CDS(相関ダブル・サンプリング誤差補正)
  • 消費電力 / チャンネルあたり、
    - ノーマル:11mW
    - 低電力:4mW
  • 非常に小さい入力漏れ電流:
    - 1.5pA(typ)
  • 低い入力換算ノイズ(QNI):
    - 1000e-rms(typ)
  • 直線性誤差、-0.03%(typ)
  • 小型17mm×17mm BGAを採用
  • 選択可能なフィルタの時定数
  • 4種の選択可能な入力電荷範囲
  • 10種の選択可能ゲイン範囲

製品概要

AD8488は、高性能デジタルX線システムで使われるように設計された、128チャンネルのアナログ・フロントエンドです。アナログ・チャンネルは、積分器に続いてゲイン選択可能なシングルエンド、そして低インピーダンスの差動出力で構成されています。アナログ・チャンネルは、X線またはフォトダイオード検出によって収集された電荷を電圧に変換します。チャンネルは、標準的に高入力インピーダンスを持つCMOSゲートを使った、CMOSトランジスタで構成されています。積分器は、入力電荷量の広い範囲に対応する選択可能な容量値の範囲を使って、電荷に依存した電圧を生成します。積分器の後ろには、シングルエンド入力、入力電圧からオフセットと低周波ノイズ電圧が減産された、差動出力電圧アンプ、が続きます。128:1チャンネルの差動MUX(マルチプレクサ)に続いてバッファがあり、アナログ出力バッファをドライブします。スイッチ駆動と的確なデジタル・タイミング機能も内蔵されており、これら全てが255ピンのBGAサブストレート上に実装されています。128チャンネル全ての電荷変換は同時に行われ、7ビットのアドレス・コードを使って、チャンネルの電圧出力がシーケンシャルに読み出されます。シーケンスは、2回行なわれ、128チャンネル全てがサンプリングされます。ロジック制御入力、CS_ACS_Bで、チャンネル・アドレスの下位64ブロックと上位64ブロックが選択されます。

AD8488は、17mm×17mm、255ピン、RoHS準拠、ボール・グリッド・アレイ(BGA)にパッケージされています。動作温度範囲は0℃~85℃の周囲温度となっています。

アプリケーション
  • 高性能デジタルX線システム
  • 医療用X線
  • セキュリティ・システム(バゲッジ・スキャナ)

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明