製品概要

機能と利点

  • 広い入力帯域幅:
    500MHz(-3dB帯域幅)
  • デシベル・リニアな連続アナログ信号のゲイン制御
  • AGC動作用として二乗則検出器を内蔵
  • 高い直線的出力IP3:
    36.5dBm@70MHz

製品概要

AD8367は、最大500MHzのIF周波数で使うために設計された、高性能の可変ゲイン・アンプです。外部から印加される0V~1Vのアナログ・ゲインの制御電圧は、20mV/dB出力を提供し、スケールは45dBのゲイン制御範囲となります。高精度なリニア・デシベルのゲイン制御は、高精度なリニア・ゲイン調整ができるガウス補間を使った可変減衰ネットワークを含んだ、弊社独自のX-アンプ・アーキテクチャを使って実現されています。

更にAD8367は、二乗則検出器を内蔵しているため、この製品ではAGCソリューションとして使うことが可能で、受信された信号強度表示(RSSI)出力電圧を提供します。

AD8367は、CDMA / GSM/W-CDMAアプリケーションに見受けられる一般的なIF周波数70MHz、140MHz、190MHzおよび240MHzでの動作に対して仕様が定められています。

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明