製品概要

機能と利点

  • 2個の12ビットDACを内蔵
  • DACラダー抵抗マッチング:0.5%
  • 省スペースの小型DIPおよび表面実装パッケージ
  • 4象限乗算機能
  • 低ゲイン誤差:全温度範囲で1LSB(max)
  • バイト・ローディング構造
  • 高速インターフェース・タイミング

製品概要

AD7537は、2個の12ビット電流出力DAC(D/Aコンバータ)を1つのモノリシック・チップ上に搭載しています。各内蔵DACに個別に電圧リファレンス入力があります。デュアルDACにより貴重なボード・スペースの節減が可能で、モノリシック構造により優れたサーマル・トラッキングを保証します。各内蔵DACは、全温度範囲で12ビットの単調増加性を保証します。

AD7537は、2バイト(8LSB、4MSB)のロード構成になっており、右詰のデータ・フォーマットに対応するように設計されています。レジスタにデータをロードするための制御信号として、A0、A1、CSWRUPDを使用します。CSWRがローのときに、データを入力レジスタにロードします。このデータをDACレジスタに転送するには、WRとともにUPDをローに設定する必要があります。

AD7537の追加機能として、キャリブレーション・ルーチンで非常に役立つ非同期のCLRラインがあります。このCLR信号をローに設定すると、すべてのレジスタがクリアされます。データ入力のダブルバッファ動作によって、2個の内蔵DACの同時アップデートが可能です。さらに、各DACに個別にAGNDラインがあるため、デバイスの汎用性が向上します。具体的な例としては、AGNDをバイアスした状態で1個のDACを動作させて、もう1個のDACを標準設定で接続することが可能です。

AD7537は、リニア・コンパチブルCMOS(LC2MOS)プロセスで製造されています。このデバイスは、ほとんどのマイクロプロセッサの動作速度に対応し、TTL、74HC5V CMOSロジック・レベル入力を受け入れます。

製品のハイライト

  • DACとDAC間のマッチング:
    両方のDACは同一チップ上に作られていますので、高精度なマッチングとトラッキングが維持されます。2個のデスクリートDACを使うと実用的でないような多くのアプリケーションが可能となります。マッチング性:0.5%
  • 小型パッケージ・サイズ:
    AD7537は、小型24ピン、0.3インチDIPと28端子の表面実装パッケージで供給されます。
  • 広い電源電圧範囲:
    このデバイスは、+12V~+15VのVDDで動作し、この公称電圧で±10%を許容します全ての仕様はこの範囲にわたって保証されています。

アプリケーション

  • 自動テスト装置
  • プログラマブルなフィルタ
  • オーディオ・アプリケーション
  • 同期アプリケーション
  • プロセス制御

製品ライフサイクル icon-not-recommended 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

ディスカッション

AD7537 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明