製品概要

機能と利点

  • アクイジション時間(±0.01 % まで): 3.0 µs(最大値)
  • 低ドループ・レート: 1.0 mV/ms(最大値)
  • サンプル/ホールド・オフセット・ステップ: 3 mV(最大値)
  • アパーチャ・ジッタ: 0.5 ns(代表値)
  • ホールド・コンデンサ内蔵
  • アプリケーション抵抗内蔵
  • ±12 V または ±15 V 動作

製品概要

AD585S は全機能内蔵型のモノリシック・サンプル&ホールド回路で、超低リークのアナログ・スイッチおよび FET 入力集積アンプと直列に接続された高性能オペアンプで構成されています。高精度とアプリケーションの柔軟性を実現するために、ホールド・コンデンサおよびマッチングしたアプリケーション抵抗を内蔵しています。

優れた性能を持つ AD585S は、高速アクイジション時間、低サンプル/ホールド・オフセットおよび低ドループが不可欠な高速の 10 ビットおよび 12 ビットのデータ・アクイジション・システムに最適です。AD585S は最大 3 µs 以内に ±0.01 % の精度で信号を取得し、内蔵のホールド・コンデンサを使って、最大 3 mV のサンプル/ホールド・オフセット、および 1 mV/ms 未満のドループでこの信号をホールドすることができます。これより低いドループが必要な場合は、より大きな外付けホールド・コンデンサを追加可能です。

AD585S はアパーチャ・ジッタが 0.5 ns の高速アナログ・スイッチを採用しているため、12 ビット精度、最大 78 kHz の周波数でフルスケール(20 Vp-p)信号をサンプリングすることができます。

AD585S はユーザ定義の任意の帰還ネットワークで使用することで、サンプル・モードで必要なゲインを得ることができます。また、内蔵の高精度薄膜抵抗を使用して、+1、–1、または +2 のゲインを得ることができます。ホールド・モードでの出力インピーダンスが十分に低いため、逐次比較型 A/D コンバータによって生じる動的負荷を駆動する場合でも、正確な出力信号を維持することができます。また一方、出力は偶発的な短絡による障害から保護されています。

HOLD コマンド用の制御信号は、アクティブ・ハイにもアクティブ・ローにもなることができます。適切なリファレンス・レベルが与えられれば、差動 HOLD 信号はすべてのロジック・ファミリーに適合します。TTL に適合するために、内部TTL リファレンス・レベルが提供されています。

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明