製品概要

機能と利点

  • 12ビット・アプリケーションに最適
  • 高いサンプル/ホールド電流比:107
  • 低アクイジション時間:0.1%まで6μ
  • 低い電荷移動:<2pC
  • サンプル&ホールド・モード時の高入力インピーダンス
  • 任意のオペアンプ構成で接続
  • 差動ロジック入力
  • MIL-STD-883準拠バージョンを提供

製品概要

AD582は、高性能オペアンプ、低リークのアナログ・スイッチとJFET内蔵アンプをシングル・モノリシック・チップに集積したサンプル&ホールド・アンプです。外付けのホールド・コンデンサによってサンプル&ホールド機能が得られます。

アナログ・スイッチが閉じている場合は、AD582の動作は標準的なオペアンプと同じです。ゲインや周波数応答を制御するために、デバイスに帰還ネットワークを接続できます。アナログ・スイッチが開放されていると、コンデンサが入力電圧の変動とは無関係に、出力電圧をスイッチが開かれた時の電圧レベルに維持します。

AD582の代表的なアプリケーションとしては、DAコンバータのデグリッチャ、アナログ・デマルチプレクサ、自動ゼロ化システム、ストローブ測定システム、A/D速度強化などがあります。

デバイスには2つのバージョンがあります。0~+70℃の商用温度範囲で仕様が規定された「K」バージョンと-55~+125℃の拡張温度範囲で仕様が規定された「S」バージョンです。いずれも、ハーメチック・シールのTO-100メタル・キャン・タイプまたはTO-116 DIPがあります。

製品のハイライト

  1. 特殊設計の入力段は、サンプル・モードとホールド・モードの両方で信号源に高インピーダンスを与えます(最大±12V)。信号レベルが±VSまで高くなっても、好ましくない位相反転、ピーキング、ホールド電圧の損失などは発生しません。
  2. 標準的なオペアンプ構成では、AD582を接続してゲインや周波数応答を制御でき、信号反転などが可能です。
  3. AD582は高いサンプル/ホールド電流比(107)を提供します。ホールド・モード時のリーク電流に対する利用できる充電電流の比は、サンプル&ホールド回路の性能指数によく使用されます。
  4. AD582の電荷移動は2pC(typ)を下回ります。電荷移動が少ないとオフセット誤差も小さくなり、小さなホールド・コンデンサで高速信号アクイジションが可能になります。
  5. AD582のアナログ・グラウンドとデジタル・グラウンドは区別されています。このため、グラウンドおよびスイッチング過渡電圧に対する耐性が向上します。
  6. AD582には、MIL-STD-883準拠バージョンがあります。詳細な仕様については、アナログ・デバイセズの軍用製品データブックまたは最新のAD582/883Bデータシートを参照してください。

製品ライフサイクル icon-not-recommended 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明