SSM6515
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

SSM6515

超低消費電力、クラスDオーディオ・アンプ

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.68
特長
  • ヘッドフォン動作用に最適化された、3レベルのΣ-Δ変調対応のフィルタレス・デジタル入力、モノラル差動出力のクラスDアンプ
  • 1.8V電源1つで動作
  • 0.1%未満のTHD + Nで16Ωの負荷時に80mWの出力電力が可能
  • 2.57μV rmsノイズ、S/N比およびダイナミック・レンジ:113dB(A重み付け)
  • 30mW、1kHz出力、32Ω負荷時に0.003%のTHD + N
  • 最大4ピンの選択可能なアドレス/スタンドアロン動作によるI2C制御
  • 複数のシリアル・データ・フォーマット
    • TDM、I2S、または左詰めスレーブ
    • PDM入力動作:2.8224MHz~12.288MHz
  • 8kHz~768kHzのサンプル・レートをサポート
  • 6MHz PDM入力時に3.9μsの遅延
  • 柔軟なデジタル・ゲイン調整
  • コーナ周波数がプログラマブルなDC阻止ハイパス・フィルタ
  • 1.55mWのアイドル時消費電力(高性能モード時、代表値)
  • 低消費電力モードによる消費電力の低減
  • 柔軟な出力ゲイン・リミッタおよびクリッピング
  • ゼロ・デジタル入力を使用した自動パワーダウン機能
  • 短絡保護
  • ポップ/クリック抑制回路
  • ユーザによる選択が可能な超低EMI放射モード
  • パワーオン・リセット
  • 1.8V PVDD電源
  • 1.2V~1.8V IOVDD電源
  • 11ボール、0.984mm × 1.444mm、0.35mmピッチWLCSP
製品概要
show more Icon

SSM6515は、全機能を内蔵したデジタル入力型の高効率クラスDモノラル・オーディオ・アンプで、ワイヤレス・ヘッドフォンでの使用に最適です。アプリケーション回路において外部部品をほとんど必要とすることがなく、1.8V(PVDD)電源および1.2V~1.8V(IOVDD)電源で動作します。1.8V信号を使用すれば、これらは共有できます。このデバイスは、1%未満の全高調波歪み+ノイズ(THD + N)で、16Ωの負荷に85mWの連続出力電力を供給できます。

SSM6515は、外付けインダクタ/コンデンサ(LC)出力フィルタの不要な、高効率の低ノイズ変調方式を採用しています。この方式では、出力電力が低い場合でも継続して高い効率を発揮でき、従来のヘッドフォン・アンプと比べてバッテリ寿命を延ばすことができます。このデバイスは、16Ωの負荷に55mWの電力を供給する場合は90%を超える効率を発揮し、S/N比(SNR)は113dB(A重み付け)になります。スペクトラム拡散の安定コモンモード・パルス密度変調方式を採用しているので、他のクラスDアーキテクチャよりも電磁干渉(EMI)放射を大幅に抑制できます。

デジタル入力を使用しているので、D/Aコンバータ(DAC)を外付けする必要がありません。SSM6515は、1.8V PVDD電源でシャットダウン電流が6μA(代表値)になるマイクロパワー・シャットダウン・モードを備えており、信号を入力しなくても自動的にパワーダウンできます。このデバイスは、ターンオン時およびターンオフ時に出力で発生する電圧グリッジを最小限に抑えるポップ/クリック抑制回路も内蔵しています。入力は、I2S、時分割多重(TDM)、パルス密度変調(PDM)などの各種シリアル・オーディオ・フォーマットをサポートしています。

SSM6515は、I2C制御インターフェースまたはスタンドアロン・モードで動作するように設計されており、−40°C~+85°Cの範囲で仕様規定されています。このデバイスには、短絡保護機能も内蔵されています。SSM6515は、ハロゲンフリーの11ボール、0.984mm × 1.444mm、0.35mmピッチのウェーハレベル・チップ・スケール・パッケージ(WLCSP)を採用しています。

アプリケーション

  • ワイヤレス・ヘッドフォン
  • アクティブ・ノイズ・キャンセリング・ヘッドフォン
  • スマートフォン・イヤーピース・スピーカ
  • 補聴デバイス
  • ポータブル機器

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.68

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
SSM6515BCBZRL
  • HTML
  • HTML
SSM6515BCBZRL7
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-SSM6515

SSM6515超低消費電力クラスDオーディオ・アンプの評価

zoom

EVAL-SSM6515

SSM6515超低消費電力クラスDオーディオ・アンプの評価

SSM6515超低消費電力クラスDオーディオ・アンプの評価

製品の詳細

EVAL-SSM6515Zでは、SSM6515のすべてのアナログ入出力とデジタル入出力にアクセスできます。

SSM6515アンプは、USB接続を介してEVAL-SSM6515Z評価用ボードに接続される、アナログ・デバイセズのSigmaStudio®ソフトウェアを使って制御します。EVAL-SSM6515Zは、USBバスまたは3.8V~5V電源で駆動できます。これらの電源は、EVAL-SSM6515Z上で必要となる電圧にいずれも調整されます。プリント回路基板(PCB)は4層設計、内層はグランド・プレーンと電源プレーンです。EVAL-SSM6515Zには、外付けスピーカに接続するための0.1インチ・ピッチ・オス・ヘッダーがあります。スピーカの最小負荷は8Ωである必要があります。EVAL-SSM6515Zは、ステレオ・ヘッドフォン出力を評価するための2つのSSM6515で構成されています。

SSM6515の詳細については、SSM6515のデータシートを参照してください。EVAL-SSM6515Zを使用する際は、データシートと併せてこのユーザ・ガイドを参照してください。

最近表示した製品