LT4322
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

LT4322

フローティング高電圧アクティブ整流器コントローラ

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 4
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.61
特長
  • 整流アプリケーションにおける整流ダイオードをNチャンネルMOSFETに置き換え
  • 電力効率を最大化、温度設計上の課題を緩和
  • 低い順方向電圧降下:25mV
  • 広い動作電圧範囲:9V~>500V
  • 広い動作周波数範囲:DC~100kHz
  • レギュレーションされた12Vゲート駆動による外付けNチャンネルMOSFET増幅
  • 8ピンMSOPおよび8ピン、3mm x 3mm、サイドウェッタブルDFNパッケージ
製品概要
show more Icon

LT4322は、整流ダイオードの代わりとなる外付けNチャンネルMOSFETを駆動するフローティング・アクティブ整流器コントローラです。主にACアプリケーション向けに設計されており、DCから100kHzの範囲の入力電源周波数で動作します。入力AC波形の各サイクルにおいて、外付けNチャンネルMOSFETゲートが増幅され、25mVという低いダイオード順方向電圧降下を実現します。消費電力が削減されるため、熱設計上の問題や高価なヒート・シンクが排除され、PC基板面積を大幅に削減することができます。

高電圧デプレッション型NチャンネルMOSFETが加わることで、2つの外付けMOSFETの定格電圧によってのみ制限される極めて高い出力電圧での動作が可能となります。ACアプリケーションの場合、外付けMOSFETを完全にオンにするために必要なゲート駆動電圧が内蔵LDOによって提供されます。高速、高電流のゲート・ドライバが、高入力周波数での逆電流トランジェントを最小限に抑えます。

アプリケーション

  • 単相、3相、6相のブリッジ整流器
  • 自動車の交流発電機用ブリッジ整流器
  • オフラインのアクティブ・ブリッジ整流器
  • 航空機の3相電源
  • 逆流防止機構を備えた高電圧DCダイオードOR

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 4
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.61

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
LT4322RDDM#PBF
  • HTML
  • HTML
LT4322RDDM#TRPBF
  • HTML
  • HTML
LT4322RMS8#PBF
  • HTML
  • HTML
LT4322RMS8#TRPBF
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 2

reference details image

DC3117A

フローティング高電圧アクティブ整流器コントローラLT4322(半波整流器構成)の性能評価

zoom

DC3117A

フローティング高電圧アクティブ整流器コントローラLT4322(半波整流器構成)の性能評価

フローティング高電圧アクティブ整流器コントローラLT4322(半波整流器構成)の性能評価

機能と利点

  • LT4322用のフル機能評価用ボード
  • 高電圧半波整流
  • ACダイオードを置き換え

製品の詳細

デモ回路3117Aには、フローティング高電圧アクティブ整流器コントローラLT4322が搭載されています。LT4322は、最大170VのDC出力に対応しており、高電圧ラインの整流を必要とするアプリケーションに適しています。60Hzで最適な性能となるように部品は選択されていますが、LT4322は最大100kHzで動作することができます。

LT4322はNチャンネルMOSFETを駆動してダイオードに似た半波整流の働きをしますが、消費電力はダイオードよりもはるかに低くなります。このトポロジが、熱に関する制約を緩和し、使用可能な出力電圧を高めます。Nチャンネル・トポロジには、RDS(ON)が低い、フットプリントが小さい、コストが低い、MOSFETの選択肢が広いなど、Pチャンネル・トポロジにはない利点が数多くあります。

LT4322を半波整流器として動作させるために不可欠な部品は、1つのNチャンネルMOSFET(M1)、リザーバ・コンデンサ(C1B)、AC平滑コンデンサ(C2)、ゲート・コンデンサ(CG1)のみです。ピークtoピーク入力電圧が60Vを超えるアプリケーションでは、更にNチャンネル・デプレッション型のMOSFET(M2)が必要となります。

reference details image

DC3137A

フローティング高電圧アクティブ整流器コントローラLT4322(全波整流器構成)の性能評価

zoom

DC3137A

フローティング高電圧アクティブ整流器コントローラLT4322(全波整流器構成)の性能評価

フローティング高電圧アクティブ整流器コントローラLT4322(全波整流器構成)の性能評価

機能と利点

  • LT4322用のフル機能評価用ボード
  • 高電圧全波整流
  • 理想ダイオード・ブリッジ
  • ショットキー・ダイオード・ブリッジを置き換え

製品の詳細

デモ回路DC3137Aには、フローティング高電圧アクティブ整流器コントローラLT4322(全波整流器構成)が搭載されています。最大170VのDC出力に対応しており、高電圧ラインの整流を必要とするアプリケーションに適しています。60Hzで最適な性能となるように部品は選択されていますが、LT4322は最大100kHzの周波数で動作することができます。

LT4322はNチャンネルMOSFETを駆動してダイオードに似た働きをしますが、消費電力はダイオードよりもはるかに低くなります。このトポロジが、熱に関する制約を緩和し、使用可能な出力電圧を高めます。Nチャンネル・トポロジには、RDS(ON)が低い、フットプリントが小さい、コストが低い、MOSFETの選択肢が広いなど、Pチャンネル・トポロジにはない利点が数多くあります。この全波整流器では、4つのダイオードの代わりに4つのLT4322回路が使用されています。

各LT4322を動作させるために不可欠な部品は、1つのNチャンネルMOSFET(M1x)、リザーバ・コンデンサ(C1xB)、ゲート・コンデンサ(C5x)のみです。ピークtoピーク入力電圧が60Vを超えるアプリケーションでは、更にNチャンネル・デプレッション型のMOSFET(M2x)が必要となります。ほとんどのアプリケーションでは、出力電圧を平滑化し、出力電圧のリップルを、ユーザによって指定された最大値以下に抑えるために、出力コンデンサC2が1つだけ必要になります。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

最近閲覧した製品