ADIN2111:10BASE-T1L PHYを搭載する2ポートのイーサネット・スイッチ

「ADIN2111」は、長距離に対応可能な10BASE-T1Lをベースとするイーサネット・スイッチICです。これを利用すれば、ビル内のすべてのノードにイーサネット接続を追加することができます。その結果、ビル内のネットワークがイーサネットに対応することになり、ネットワーク管理が簡素化されます。

ADIN2111は、低消費電力のエッジ・ノードの設計を支援します。SPIを介して、多様なホスト・コントローラとのインターフェースを確立することが可能です。

またADIN2111は、様々な診断機能を搭載しており、障害の検出と障害位置の特定をリアルタイムで実現することができます。加えて、1kmのケーブル上で2%の精度を得ることが可能です。それらの機能によりシステムのダウンタイムとコミッショニング時間を短縮することができます。

ADIN2111を採用した場合、インフラとして配備されている既存のシングル・ツイストペア・ケーブルを利用することができます。それにより、センサー、アクチュエータ、コントローラ、火災警報パネルなどで構成されるネットワークを、ライン・トポロジまたはリング・トポロジで接続することが可能になります。