Signal Chain Power(SCP)ハードウェア評価用プラットフォーム

Signal Chain Power(SCP)ハードウェア・プラットフォームを使用すれば、シグナル・チェーン設計者は、計測器、試験および計測、工業用オートメーションなどの高精度シグナル・チェーン向けにフル機能パワー・ソリューションの開発、プロトタイピング、評価を迅速に行うことができます。SCPの背後にある中核的な設計理念は、Power by Linear™設計の知識と経験をまとめ、それを設定が容易なプラグアンドプレイ・システムを使ってシグナル・コンディショニング・システムのエンジニアリング・グループと共有することです。SCPハードウェア・プラットフォームおよびSCP Configuratorソフトウェア・ツールlと併せ、SCPには、システム設計者に必要な回路図、BOM、およびPCBアートワークがすべて含まれています。

02-spot2_scp-boards-montage

SCPハードウェア・プラットフォームの特長:

  • プラグアンドプレイ式の端子盤を介して容易にマルチレール構成を作成
  • 比較テストやノイズ最適化のためにボードを数秒間で入れ替え可能
  • 小さなフォーム・ファクタが小型のシステムを実現
  • 設定抵抗は0805で、リワークを容易にするためにオーバーサイズのパッドを使用
  • 以下のトポロジをサポート:
    • 昇圧、降圧、昇降圧、SEPIC、および反転スイッチング・レギュレータ
    • 正電圧および負電圧リニア・レギュレータ
  • ノイズに敏感なアプリケーションにはSilent Switcher®製品と超高PSRR LDO製品を使用可能

 

Signal Chain Powerプラットフォームが評価を簡素化

標準デモ・ボードに変更を加えて計測器アプリケーション用カスタム・パワー・ツリーの開発を行う場合、非常に時間がかかる可能性があります。Signal Chain Power(SCP)は、高速ノイズ性能に適した特別な電源評価用システムです。

Signal Chain Power Platform Simplifies Evaluation

スイッチング・レギュレータ

降圧

X+

EVAL-CN0532

SCP-LT1956-BEVALZ


  • LT1956を降圧に設定
  • VIN:7.5V~25V
  • VOUT:抵抗を使い1.22V~24Vに設定可能(デフォルト5.0V)
  • 最大負荷電流1.0A
  • 500kHzの固定スイッチング周波数

SCP-LT1956-BEVALZを表示

 

SCP-LT3470A-BEVALZ

SCP-LT3470A-BEVALZ

  • LT3470Aを降圧に設定
  • VIN:4V~36V
  • VOUT:抵抗を使い3V~16Vに設定可能(250mA負荷まで3.3Vに最適化)
  • 昇圧ダイオードとキャッチ・ダイオードを内蔵
  • 低出力リップル:<10mV

SCP-LT3470A-BEVALZを表示

 

SCP-LT8609S-BEVALZ

SCP-LT8609S-BEVALZ

  • LT8609Sを降圧に設定
  • VIN:5.5V~42V
  • VOUT:抵抗を使い1.2V~39.5Vに設定可能(デフォルトは5V)
  • 最大連続出力2A
  • VIOC制御のリニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT8609S-BEVALZを表示

 

SCP-LT8618-BEVALZ

SCP-LT8618-BEVALZ

  • LT8618を降圧に設定
  • VIN:5.5V~60V
  • VOUT:抵抗を使い0.8V~48Vに設定可能(100mAまでのデフォルト電圧出力5V)
  • VIOC制御のリニア・レギュレータによりフィードバックに対応
  • デフォルトのスイッチング周波数:2.0MHz
  • 調整可能スイッチング周波数:200kHz~2.2MHz

SCP-LT8618-BEVALZを表示

昇圧

X+

SCP-LT3461-EVALZ

SCP-LT3461-EVALZ


  • VIN:3V~6V
  • VOUT:抵抗を使い5V~38Vに設定可能(デフォルト12V)
  • 最大出力電流は5.0V入力で70mA、3.3V入力で40mA
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT3461-EVALZを表示

 

SCP-LT8330-EVALZ

SCP-LT8330-EVALZ


  • VIN:10V~36V
  • VOUT:抵抗を使い5V~59Vに設定可能(デフォルト48V)
  • 最大出力電流は12V入力で135mA
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT8330-EVALZを表示

 

SCP-LT8362-B-EVALZ

SCP-LT8362-B-EVALZ


  • LT8362を昇圧に設定
  • VIN:10V to 36V
  • VOUT:抵抗を使い5V~59Vに設定可能(デフォルト48V)
  • 最大出力電流は12V入力で135mA
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT8362-B-EVALZを表示

 

SCP-LT8410-EVALZ

SCP-LT8410-EVALZ


  • VIN:3V~10V
  • VOUT:抵抗を使い5V~40Vに設定可能(デフォルト16V)
  • 最大出力電流は16V入力で1.6mA

SCP-LT8410-EVALZを表示

昇圧または降圧

X+

SCP-LT8362-S-EVALZ

SCP-LT8362-S-EVALZ


  • LT8362をSEPICに設定
  • VIN:2.8V~60V
  • VOUT:抵抗を使い5V~48Vに設定可能(デフォルト12V)
  • •最大出力電流2A
  • 2MHzのスイッチング周波数で動作
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT8362-S-EVALZを表示

 

SCP-LTC3114-1-EVALZ

SCP-LTC3114-1-EVALZ


  • 同期整流式モノリシック昇降圧DC/DCコンバータ
  • VIN:2.2V~40V
  • VOUT:抵抗を使い3V~40Vに設定可能(デフォルト5V)
  • 降圧モードで1Aの出力電流
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LTC3114-1-EVALZを表示

反転

X+

SCP-LT1956-IEVALZ

SCP-LT1956-IEVALZ


  • LT1956を反転降圧に設定
  • VIN:5.5V~48V
  • VOUT:抵抗を使い−1.22V~−24Vに設定可能(デフォルト5V)
  • 1.5Aピーク・スイッチ電流
  • VIOC制御のリニア・レギュレータによりCフィードバックに対応

SCP-LT1956-IEVALZを表示

 

SCP-LT3470A-IEVALZ

SCP-LT3470A-IEVALZ


  • LT3470Aを反転降圧に設定k
  • VIN:4V~36V
  • VOUT:抵抗を使い−3V~−16Vに設定可能(デフォルト−3.3 V)
  • 最大出力電流250mA
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT3470A-IEVALZを表示

 

SCP-LT3483-EVALZ

SCP-LT3483-EVALZ


  • 反転コンバータ
  • VIN:2.7V~12V
  • VOUT:抵抗を使い−1V~−39Vに設定可能(8mA~40mAのデフォルト電圧出力−15V)
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT3483-EVALZを表示

 

SCP-LT8362-I-EVALZ

SCP-LT8362-I-EVALZ


  • LT8362をCukに設定
  • VIN:4.5V~42V
  • VOUT:抵抗を使い−5V~−40Vに設定可能(1Aまでのデフォルト電圧出力−15V)
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT8362-I-EVALZを表示

 

SCP-LT8609S-IEVALZ

SCP-LT8609S-IEVALZ


  • LT8609Sを反転に設定
  • VIN:−0.8V~24V
  • VOUT:抵抗を使い1.2V~39.5Vに設定可能(デフォルト−5V)
  • 最大出力電流2A
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT8609S-IEVALZを表示

 

SCP-LT8618-IEVALZ

SCP-LT8618-IEVALZ


  • LT8618を反転降圧に設定
  • VIN:5.5V~60V
  • VOUT:抵抗を使い−0.8V~−48Vに設定可能(デフォルト−5V)
  • 最大出力電流100mA
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT8618-IEVALZを表示

両電源(昇圧および降圧)

X+

SCP-ADP5070-EVALZ

SCP-ADP5070-EVALZ


  • VIN:2.85V~15V
  • VOUT
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-ADP5070-EVALZを表示

 

SCP-LT3463-EVAL

SCP-LT3463-EVAL


  • VIN:2.4V~15V
  • VOUT:抵抗を使い±5V~±40V に設定可能(正電圧レールのデフォルト出力は20V、負電圧レールでは−15V)
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT3463-EVALを表示

 

SCP-LT3471-EVALZ

SCP-LT3471-EVALZ


  • VIN:4.5V~10V
  • VOUT:抵抗を使い±5V~±40Vに設定可能(正電圧レールのデフォルト出力は12V/300mA、負電圧レールでは−12V/200mA)
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT3471-EVALZを表示

 

SCP-LT3472-EVALZ

SCP-LT3472-EVALZ


  • VIN:4.5V~10V
  • VOUT:抵抗を使い±5V~±40V(正電圧レールのデフォルト出力は12V/300mA、負電圧レールでは−12V/200mA)
  • VIOC制御リニア・レギュレータによりフィードバックに対応

SCP-LT3472-EVALZを表示

リニア・レギュレータ

正電圧

X+

SCP-ADP150-EVALZ

SCP-ADP150-EVALZ


  • VIN:3.5V~5.5V
  • VOUT:ADP150の3.3V固定電圧バージョン
  • 低ドロップアウト電圧:105mV
  • 最大出力電流150mA
  • 超低ノイズ:9μV rms

SCP-ADP150-EVALZを表示

 

SCP-ADP7142-EVALZ

SCP-ADP7142-EVALZ


  • VIN:2.7V~40V
  • VOUT:抵抗を使い1.2V~39.5Vに設定可能(デフォルト3.3V)
  • 低ドロップアウト電圧:200mV
  • 最大出力電流200mA
  • • 低ノイズ:11μV rms

SCP-ADP7142-EVALZを表示

 

SCP-LT1962-EVALZ

SCP-LT1962-EVALZ


  • VIN:1.8V~20V
  • VOUT:抵抗を使い1.22V~19.5Vに設定可能(デフォルト3.3V)
  • 低ドロップアウト電圧:270mV
  • 最大出力電流300mA
  • 低ノイズ:20μV rms

SCP-LT1962-EVALZを表示

 

SCP-LT3045-1-EVALZ

SCP-LT3045-1-EVALZ


  • VIN:1.8V~20V
  • VOUT:抵抗を使い0.8V~19.5Vに設定可能(デフォルト3.3V)
  • 低ドロップアウト電圧:260mV
  • 最大出力電流500mA
  • 超低ノイズ:0.8μV rms
  • 上流側スイッチング・レギュレータのVIOC制御

SCP-LT3045-1-EVALZを表示

負電圧

X+

SCP-ADP7182-EVALZ

SCP-ADP7182-EVALZ


  • VIN: −2.7V~−28V
  • VOUT:抵抗を使い–1.2V~−27.5Vに設定可能(デフォルト−3.3V)
  • 低ドロップアウト電圧:−185mV
  • 最大出力電流200mA
  • 低ノイズ: 18μV rms

SCP-ADP7182-EVALZを表示

 

SCP-LT1964-EVALZ

SCP-LT1964-EVALZ


  • 最大入力電圧:−20V
  • VOUT:抵抗を使い−1.22V~−19.5Vに設定可能(デフォルト−5V)
  • 低ドロップアウト電圧:−340mV
  • 最大出力電流200mA
  • 低ノイズ:30μV rms

SCP-LT1964-EVALZを表示

 

SCP-LT3094-EVALZ

SCP-LT3094-EVALZ


  • VIN:−1.8V~−20V
  • VOUT:抵抗を使い0V~−19.5Vに設定可能(デフォルト−3.3V)
  • 低ドロップアウト電圧:−235mV
  • 最大出力電流500mA
  • 超低ノイズ:0.8μV rms

SCP-LT3094-EVALZを表示

フィルタ・ボード

SCP-FILTER-EVALZ

X+

SCP-FILTER-EVALZ

SCP-FILTER-EVALZ


  • パッシブRCLフィルタ回路
  • N次フィルタ回路と特殊な3端子フィードスルー・フィルタを使用可能

SCP-FILTER-EVALZを表示

SCP-THRUBRD-EVALZ

X+

SCP-THRUBRD-EVALZ

SCP-THRUBRD-EVALZ


  • 隣接チャンネルと直列接続の数が異なるシステムにおいて、スペーサの役目を果たす。

SCP-THRUBRD-EVALZを表示

相互接続ボード

SCP-1X2BKOUT-EVALZ

X+

SCP-1X2BKOUT-EVALZ

SCP-1X2BKOUT-EVALZ


  • 既存のレールをSignal Chain Powerハードウェア評価用マトリックス内の2つのセグメントに拡張
  • 1つの入力ポートと2つの出力ポート、パッシブ・フィルタリング・オプション付き

SCP-1X2BKOUT-EVALZを表示

SCP-1X5BKOUT-EVALZ

X+

SCP-1X5BKOUT-EVALZ

SCP-1X5BKOUT-EVALZ


  • 既存のレールをSignal Chain Powerハードウェア評価用マトリックス内の5つのセグメントに拡張
  • 1つの入力ポートと5つの出力ポート、パッシブ・フィルタリング・オプション付き

SCP-1X5BKOUT-EVALZを表示

SCP-5X1-EVALZ

X+

SCP-5X1-EVALZ

SCP-5X1-EVALZ


  • Signal Chain Powerハードウェア評価用マトリックスのコンパクトなシングル・ポイント端子に複数の電圧レールを統合
  • 5つの入力ポートと2つの出力ポート、パッシブ・フィルタリング・オプション付き

SCP-5X1-EVALZを表示

SCP-INPUT-EVALZ

X+

SCP-INPUT-EVALZ

SCP-INPUT-EVALZ


  • 電源システムを構成する場合は外部接続が可能
  • 標準的なバナナ・ジャックとクリップリード型コネクタを使用して電源とメータへの取り付けが可能

SCP-INPUT-EVALZを表示

SCP-OUTPUT-EVALZ

X+

SCP-OUTPUT-EVALZ

SCP-OUTPUT-EVALZ


  • 電源システムを構成する場合は外部接続が可能
  • 標準的なバナナ・ジャックとクリップリード型コネクタを使用してDUT、負荷、メータへの取り付けが可能

SCP-OUTPUT-EVALZを表示

EngineerZoneでのSCPサポート

Visit EngineerZone®では、アナログ・デバイセズのSCP技術者と交流することや、SCPハードウェア評価用プラットフォームとその構成要素であるハードウェア・ボードの操作、使用、機能に関する答えを見つけることなどができます。

engineerZone