サード・パーティのリファレンス設計およびハードウェア

RadioVerseではグルーバルなパートナーシップ・ネットワークが構築されており、顧客に幅広いモジュールやリファレンス設計を提供すると共に、様々なアプリケーションに対してあらゆるレベルの設計サポートを行うことができます。広範囲に及ぶエコシステムを背景に、顧客は無線の開発を簡略化し、市場投入までの時間を短縮できます。

注目のサード・パーティ・ソリューション

HJXデュアルADRV9009 SDR開発ボード

HJXデュアルADRV9009 SDR開発ボード

HJX-ADRV9009-X2開発ボードは、ベースバンド・ソリューションに高性能でプログラマブルな能力と幅広いRFを提供し、5G製品設計の応用時に役立ちます。

システムを見る

トランシーバー向けQIQシステム信号生成および分析ソフトウェア

トランシーバー向けQIQシステム信号生成および分析ソフトウェア

QIQシステム・ソフトウェアとADI評価モジュールと組み合わせることで、モジュールをベクトル信号発生器やベクトル信号アナライザとして使用してアナログ・デバイセズの広帯域RFトランシーバーの性能を測定できるようになります。

ソリューションの詳細

適応

ADRV9361 SOMを使用した工業用 IoT ソリューションの適用

当社のHDP-200プラットフォームであるADRV9361 SOMを利用すれば、システム・インテグレーターはHaLow対応ソリューションの開発に着手し、フィールド試験に向けて展開できます。

HDP-200について

サード・パーティのリファレンス設計およびハードウェアをすべて表示

汎用SDR

Arrow | AD9361 HSMC カード

X+
ARRadio BoardArrow、アナログ・デバイセズ、Terasic のコラボレーションによって生まれた ARRadio ボードは、HSMC コネクタによる次世代の FPGA 接続を実現し、無線システム全体のプロトタイピングと開発を促進します。アナログ・デバイセズの AD9361 RF Agile Transceiver™ を搭載した Terasic のトランシーバー・ボードは、アルテラの Cyclone V SoC キットと組み合わせることで、包括的な SDR 開発プラットフォームとなり、市場投入までの時間を大幅に短縮し、プロジェクトの成功を最大限に高めます。

詳細またはボードのご注文については、ARRadio (英語)をご覧ください。

Deepwave Digital | AD9371を搭載したディープラーニングSDRプラットフォーム

X+

AIR-TArtificial Intelligence Radio Transceiver(AIR-T)は、1枚のボードに人工知能機能を含む全機能を統合したソフトウェア無線プラットフォームで、300MHz~6GHzの周波数を連続的にカバーします。AIR-Tは、低コストAI、ディープラーニング、高性能ワイヤレス・システムを開発する、ワイヤレスの経験が浅い若手エンジニアから熟練したエンジニアや研究者に至る広い範囲の開発者向けに設計されており、100MHzの受信帯域幅と100MHzの送信帯域幅を持つ最大2 x 2のMIMOを備えたAD9371 RFICトランシーバーを、高速のUSB3.0接続機能を備えたオープンで再プログラム可能なXilinxの7 FPGAと組み合わせています。

AIR-TにはカスタマイズされたオープンなUbuntuソフトウェアと、GNU RadioにインターフェースするカスタムFPGAブロックが搭載されているため、既存コードを変更することなく直ちに開発に着手できます。また、256のNVIDIAコアがあり、CUDAやVHDLをコード化しなくても、ハードウェア上にお使いのAIアプリケーションを開発し展開することができます。AIR-Tを使用すれば、シングルCPUの計算パワーの制限を受けることなく、テレコム、防衛、ワイヤレスなどのシステム能力を可能性の限界まで直ちに高めることができます。


詳細についてはDeepwave DigitalのWebサイトを参照してください。

Epiq Solutions | デュアル ADRV9009 FMC カード

X+

epiq-boardSidekiq X4 マルチチューナ RF トランシーバー・カードは、高性能でフレキシブルな最先端の RF トランシーバー・カードです。アナログ・デバイセズの ADRV9009 広帯域トランシーバーをデュアル実装した X4 は、圧倒的な RF 性能を実現し、量産可能な RF トランシーバー・ソリューションを VITA 57.1 FPGA メザニン・カード(FMC)準拠のフォーム・ファクタで提供します。Sidekiq X4 は、マルチバンド、サブオクターブのプリセレクション・フィルタを 4 つすべての受信経路に搭載しています。


詳細については、https://epiqsolutions.com/sidekiq-x4/を参照してください。

Ettus Research™ | デュアル AD9371 ソフトウェア無線(SDR)

X+
Universal Software Radio Peripheral PlatformEttus Research は、USRP N310 ソフトウェア無線(SDR)を発表しました。この SDR は、大規模な分散ワイヤレス・システムを配備する際に求められる信頼性とフォールトトレランスを実現します。USRP N310 は、ソフトウェアの更新、再起動、出荷時の設定へのリセット、セルフテスト、ホスト PC/ARM のデバッグ、システムの状態監視などを遠隔操作で実行できる独自の機能を導入して、無線ネットワークの制御と管理を簡素化します。

USRP N310 は SDR 市場で最もチャンネル密度の高いデバイスの 1 つであり、1/2 幅の RU フォーム・ファクタで 4 つの RX チャンネルと 4 つの TX チャンネルを提供します。RF フロント・エンドには、アナログ・デバイセズの最新の RFIC 製品である AD9371 トランシーバーが 2 台使用されています。各チャンネルの瞬時帯域幅は最大 100MHz で、10MHz から 6GHz の広い周波数範囲に対応します。

詳細については、 USRP N310 の製品ページを参照してください。

HJX | デュアルADRV9009 SDR開発ボード

X+
HJX-ADRV9009-X2HJXはHJX-ADRV9009-X2をリリースしました。これは、アナログ・デバイセズのRadioVerse技術によるADRV9009チップセットに基づく、高性能SDR開発ボードです。HJX-ADRV9009-X2開発ボードは、RFからベースバンドまで高いプログラム機能を持つソリューションを完備しており、5Gの製品設計におけるアプリケーションを支援します。

HJX-ADRV9009-SDRについて詳しく知る


AD9371に基づくSDRプラットフォームについてもオンラインでご覧いただけます:


AD9361に基づくSDRプラットフォームについてもオンラインでご覧いただけます:

PanaTeQ | ADRV9009 FMC Card

X+

Panateq-boardFMC-ZU2RF-A は、アナログ・デバイセズの ADRV9009 コンポーネントをベースにした、RF ワイヤレス通信アプリケーション向け FMC です。この FMC は、アナログ・デバイセズの ADRV9009 評価用ボードと完全なハードウェアおよびソフトウェア互換性があります。

PanaTeQ は、一般的なソフトウェア無線アプリケーション向けの VPX3-ZU1 3U OpenVPX Zynq Ultrascale+ および FMC-ZU2RF-A をベースにした VPX3-ZU1-SDR-C 開発システムを提供します。


詳細については、http://www.panateq.com/fmc-rf.htm を参照してください。

 

Rincon Research | AD9361 SDR 開発ボード

X+
RaptorRaptor は、アナログ・デバイセズの AD9361 RF Agile Transceiver の柔軟性とザイリンクスの Zynq UltraScale+ MPSoC の処理性能を組み合わせた次世代のソフトウェア無線(SDR)開発ボードです。小さくコンパクトなフォーム・ファクタを維持しながら、70MHz から 6GHz の周波数範囲で動作するフル機能の堅牢な無線ソリューションに必要な重要なシグナル・コンディショニング機能を提供します。アナログ・デバイセズとザイリンクスの両方のドライバとリファレンス設計を利用できるキットには、GitLab から入手可能なオープンソースの BSP が含まれており、MATLAB の GNU 無線へのデータ・ストリームにも対応します。

詳細については、Raptor SDR 開発キットを参照してください。

VadaTech | クワッド AD9371 SDR AMC カード

X+

VadaTechVadaTech は、AD9371 と AD9361 をベースにした多様なフォーム・ファクタの SDR モジュールをリリースしました。4 台の AD9371 を Kintex UltraScale™ FPGA に接続し、8 つのトランシーバー・チャンネルを提供する AMC597 は、信号 SDR、BTS、アンテナ・システム、研究、計測器に適しています。FMC214 は、RF フロント・エンド、Rx および Tx 周波数シンセサイザ、ミックスド・シグナル・ベースバンド・セクション、LPC コネクタを介したホスト・プロセッサへの柔軟なデジタル・インターフェースを提供します。AD9361 を利用した FMC214 は、70MHz から 6.0GHz の周波数範囲で動作し、認可および無認可の帯域の大部分に対応します。また、瞬間帯域幅は 200KHz から 56MHz の範囲で設定可能です。


詳しい製品情報およびデータシートについては、 AMC597, VPX597, FMC214を参照してください。

Vanteon | AD936xに基づく低価格SDRプラットフォーム

X+

vChameleonVanteon vChameleon のソフトウェア無線(SDR)プラットフォームは、集積度が高く小型でありながら非常に柔軟なシステムで、高性能信号処理アプリケーションを極めて低いコストで提供できます。このプラットフォームは、フル機能SDRを実現するためのすべてのデジタル回路とRF回路を備えた、1つのモジュールで構成されています。AD936xには広い周波数範囲、多用途性、超低価格という長所があるため、Vanteonはこれを中心的なRFトランシーバーとして選択しました。vChameleonの設計は、スマート・メータ、ロー・コスト・セルラ基地局、セキュリティ製品、試験装置、および、カスタマイズ可能な工業用、医療用、防衛用無線(特に複数の同時波形が必要とされる場合)など、数多くのアプリケーションで活用できます。


PartnerZoneで、VanteonおよびvChameleonの詳細をご覧ください。

 

公共安全

BOELINK | 公共安全のためのAD9361 SDRプラットフォーム

X+

BOELINKのSDRプラットフォームは、アナログ・デバイセズのRFアジャイル・トランシーバーAD9361と、NXP/Freescaleのベースバンド・プロセッシングSoC B4860を組み合わせたもので、電子フェンス、4Gワイヤレス通信システムのIMSIキャッチャー、携帯電話無線信号検出器、ワイヤレス信号シールド/ブロックなど、公共セキュリティ産業にとっての最適なソリューションとなります。双方向通信、長距離、NLOS性能、移動受信といった優れた機能を備えているため、このプラットフォームは様々なシナリオでご使用いただけます。このSDRプラットフォームは、新規製品設計のために推奨される開始点となるもので、市場投入までの時間やリスクを大幅に削減します。


詳細はwww.boelink.comをご覧ください。

 

ワイヤレス・ネットワーク

Benetel | 5G NR NSA評価用システム

X+

Benetel 5G Evaluation SystemSplit 7.2 ORANインターフェースに基づく5G NR NSA評価用システムは、実験、研究、試験のための統合を目的としたものです。この革新的なシステムにより、これに関わる人々が、可視化されたエンドtoエンドのソリューションを評価し、理解し、習熟することができるようになります。また、このシステムは5Gグレードのソリューションを展開するための道筋を提供します。

この完全統合済みシステムパッケージには必要な部品がすべて揃っており、購入後すぐにご使用できます。パッケージには、Dellサーバーに構成済みのOpen Air Interface(OAI)とNSAコア、Benetel Radio Units(RUs)(4Gバンド7 LTE RUと5Gバンドn78 RUの両方)、全コネクタ、テスト用SIM、システムを稼働するために必要なケーブル類が備わっています。更に、Benetelでは、評価用プラットフォームを持つソフトウェア・テスト・アプリケーションのセットを販売しており、機能テストや性能テストを容易に行うことができます。

詳細についてはhttps://benetel.com/product/5g-nr-nsa-evaluation-system/をご覧いただくか sales@benetel.comにお問い合わせください。

LPA Concepts | AD9375を使用したバンド7およびバンド41向けPIM3Dのリファレンス設計

X+
Band 7 and band 41 PIM3D Reference Design with AD9375PIM3モジュールは、ケーブル不要のRFフロントエンド・モジュールで、3G-4G-5GのRFヘッドのアンテナ周辺で必須とされる高効率RFパワー・アンプ・モジュールを含むすべての必要なRF機能が統合されています。このモジュールは、Txのみのモジュール(PIM3B)またはTx-Rxモジュール(PIM3D)として利用でき、50Wピーク~150Wピークのパワー・レベルで1800MHz~3600MHzの範囲にわたる主要セルラ・バンドすべてに対応しています。デジタル・プリディストーション(DPD)を搭載したアナログ・デバイセズのAD9375広帯域RFトランシーバーとフィルタ・アセンブリへの接続機能を備えた無線ボードを含むアセンブリ上で、PIM3Dモジュールのすべての機能を評価できます。FDDバンド7用およびTDDバンド41用デモンストレーション・キットが購入可能です。

詳細については の製品リスト をご覧になるか、info@lpaconcepts.frへ英語でお問合せください。

NanoSemi | ADRV9009プラットフォーム用の広帯域直線性ファームウェアおよびIP

X+

NanoSemi 5GNanoSemi 5GNanoSemiは、クラス・トップレベルの超広帯域シグナル・プロセッシング・ファームウェアおよびIPで、これによりパワー・アンプや他のRFコンポーネントが3GPP仕様を上回る最大800MHzの瞬時帯域幅を実現できます。このファームウェアとIPを使用すれば、高周波無線チェーンの直線性と効率を同時に向上させることにより、サブ6GHz(FR1)および28 GHzと39GHz(FR2)のインフラストラクチャ無線システムをサポートできます。このファームウェアはFPGA上で実行され、アナログ・デバイセズのADRV9009とのインターフェースとなります。


NanoSemiのWebサイトをご覧ください。

QIQ Systems | トランシーバー用信号発生および分析ソフトウェア

X+

QIQ Systems

QIQ Systemsのソフトウェアは、アナログ・デバイセズの様々な評価用モジュールと組み合わせ、モジュールをベクトル信号発生器やベクトル信号アナライザに組み込むことで、アナログ・デバイセズの広帯域RFトランシーバー・チップの性能を検証することができます。これにより必要な波形を使用してチップの性能を評価できます。QIQ Systemsのソフトウェアを使用すると、数週間または数か月ではなく、数時間または数日で評価を完了できます。このソフトウェアは、プロジェクトを製品化できるよう、手早い評価サイクルを可能にします。

評価プロセスを実行する場合、QIQ Systemsのソフトウェア製品を使用すれば、開発中に評価システムをベクトル・シグナル・ジェネレータやベクトル・シグナル・アナライザとして転用できます。これにより、開発中に高価なシグナル・ジェネレータやシグナル・アナライザを必要とすることがなくなります。ソフトウェアは、各種のAD936x、AD9371、ADRV9009評価用およびプロトタイプ用プラットフォームに対応可能です。

詳細は www.qiqsystems.comをご覧ください。

 

RF DSP | AD9361 8x8 SDR モジュール & M-MIMO RF チャネル エミュレータ

X+

RF DSP's eMIMOx8RF DSPのRMB-101Aは、4個のAD9361チップで構成された高性能ソフトウェア無線(SDR)用8T8Rマルチチャンネル・トランシーバー・モジュールです。C-RANネットワーク内の無線から数メートルから10 km以上離れた場所に設置されたベースバンド・ユニット(BBU)向け、あるいは分散型Massive MIMO(大規模MIMO)向けのリモート無線ユニットになります。RMB-101AモジュールはTDD動作とFDD動作の両方に対応し、汎用マルチ無線SDRアプリケーションのほか、LTE-A、LTE、WiFi、WiMAX、GSM、CDMA、WCDMAなどに使用できます。クロック再生とPLL回路は、CPRIリンクからのクロックを再生して、8つの無線すべての周波数と位相を同期します。RD DSPは、リモートSDRモジュール用のベースバンド処理エンジンにもなります。


詳細については、8T8RリモートSDRモジュールのサイトを参照してください。
RF DSPは、64T64Rリモート無線/スマート・アンテナ・ユニットと、64×8、64×16 Massive MIMO RFチャンネル・エミュレータも提供しています。


Richardson RFPD | AD9375 RFフロント・エンド・カード

X+
RF Front End Card for AD9375DE705は、LTEバンド14および18のFDD動作を対象としたフル機能のRFフロント・エンド評価用プラットフォームです。この開発プラットフォームはライセンス可能な設計として提供していますが、広範な動作条件に対応するために変更を加えることもできます。すべてのLTEバンドに同じPCB寸法を利用できるよう、汎用サイズの厳選された部品を使用しています。アナログ・デバイセズのAD9375 RFアジャイル・トランシーバICを搭載したこのカードは、中電力セルラーSDRプロジェクトに最適な設計のスタートラインとなります。製品の市場投入までの時間を劇的に短縮し、リスクを大幅に軽減できます。

詳細については、FDD-LTEバンド14および28用のスモールセル開発キット、DE705 および ADI-DPD-DEVKITをご覧ください。

V3Tech | 5Gソリューション向け クアッド ADRV9009 SDR

X+

YunSDR Y590YunSDR Y590V3Techは、様々なフォーム・ファクタのADRV9009、AD9371、AD9361をベースにした、SDRソリューションをリリースしました。YunSDR Y590のソフトウェア無線(SDR)は、5Gの評価およびテスト用の最新ソリューションです。このSDRは5Gワイヤレス・システムの展開に対し、信頼性と多くのリファレンス設計を提供するものです。これは、XilinxのVU9P FPGAとIntelのx86プロセッサをベースとするBBUに接続する、RRUとして使用できます。

YunSDR Y590は、SDR市場において最も高いチャンネル密度を有するデバイスの1つで、1Uのフォーム・ファクタで8つのRXチャンネルと8つのTXチャンネルを提供します。RFフロント・エンドにはADRV9009トランシーバーが2個使用されています。各チャンネルの瞬時帯域幅は最大200MHzにもなり、75MHz~6GHzの幅広い周波数範囲に対応します。


詳細については、YunSDR Y590 の製品ページを参照してください。

 

Adapt | ADRV9361 SOMをベースとしたインダストリアルIoTソリューション

X+
AdaptAdaptのソリューションは、IEEE 802.11ah(「HaLow」)規格に準拠し、インダストリアルIoTを大規模展開する上で鍵となる重要な条件に対応します。この製品ファミリは、現在利用可能な他のワイヤレス・プロトコルを上回る高い信頼性と安全性を提供しながら、エッジ・データをより長距離にわたって低コストで送信します。ADRV9361 SOMを使用することで、システム・インテグレータは、HDP-200プラットフォームにより、HaLow対応ソリューションをフィールドで試行するために開発および展開に着手することができます。

詳細については www.adapt-ip.comのWebサイトを参照してください。

BERTEN | 移動体用IP長距離データリンク

X+

BertenS-6000デュアル・トランシーバーは、高速・高機動(>2000 Km/h、>10 g)で信頼性の高い広帯域通信を行うことができる小型のIPデータリンクです。2つの全二重チャンネルは70 MHz ~ 6 GHzの任意の周波数で使用でき、データ・レートは700 Kbps ~ 80 Mbpsの範囲で設定可能です。S-6000の堅牢性、柔軟性、先進的機能によってあらゆる戦術システム、商用アプリケーション、空中プラットフォーム用の移動体通信を実現できます。


詳細は BERTEN社のホームページ S-6000をご覧ください。

Divimath | ほぼゼロ遅延のワイヤレスビデオ伝送ソリューション

X+

divimath-logoDivimathは、遅延がほぼゼロのワイヤレスHDビデオ・トランシーバーIC、DM5680を発表しました。2個のDM5680をトランスミッタとレシーバーに利用することで、比類のない堅牢性を備えたビデオ/オーディオ/データ用の安全なリンクを空中と地上の間に実現できます。DM5680は、未圧縮のビデオ・ストリームを1ミリ秒未満の遅延で伝送します。優れた干渉防止機能があり、低消費電力、小フットプリントのDM5680は、FPV(First Person View:一人称視点)アプリケーションに最適なソリューションです。DM5680はAD936Xとシームレスに連携して、全機能を完備したビデオ・ワイヤレス・リンク・ソリューションとなります。詳細については、 DM5680ソリューションのパンフレットをご覧ください。

プレス・リリース:Divimathが高精細ビデオ転送向けに先進のFPVデジタル・ソリューションを販売開始

SIHID | AD936X ワイヤレス・ビデオ伝送ソリューション

X+
SIHIDSIHID RCB 送信モジュールは、UAV(無人航空機)、ワイヤレス情報収集のための HD デジタル・ビデオ伝送ソリューションです。AD936x により、小さいフォーム・ファクタで、70MHz から 6GHz の周波数範囲で COFDM 変調 RF ビデオ信号を伝送できます。

SIHID RCB COFDM 送信モジュールの詳細についてはこちらを参照してください。

Simpulse | AD936x モバイル・データリンク・モデム

X+
Simpulse SL200モバイル・データリンク・モデムは、過酷な環境下でのモバイル双方向データ/ビデオ送信専用のソリューションです。高性能で信頼性の高い安全なデータリンクを提供します。ビットレートは10 kbps ~ 5 Mbpsで、LOSおよびNLOS条件の長距離送信に対応します。洋上監視ミッションでSimpulseの追跡アンテナを地上に設置し、0.4 Wの送信出力で55 km離れた場所へビデオ・データを3 Mbpsで送信した実績があります。

SL200モバイル・データリンク・モデムの詳細


新ホワイト・ペーパー:L100モデルを使用して前例のない長距離データリンクを実現する方法
(Simpulse、2017年9月 英語)

TaiSync | AD936x ワイヤレス・ビデオ伝送ソリューション

X+
Taisync digital HD wireless linkTaiSync のデジタル HD ワイヤレス・リンクは、無人移動体、産業ロボット、ビデオ監視などのミッション・クリティカルなタスクに最適なソリューションです。アナログ・デバイセズの AD936x と独自の波形により、優れた RF 性能、サブ 6GHz 帯のフルサポート、柔軟なデータ・インターフェースを実現します。双方向通信、ロングレンジ、NLOS 性能、モバイル受信といった優れた機能により、様々なシナリオでビデオと制御リンクの利用が可能です。また、システムの設定により、ポイント to ポイント、ポイント to マルチポイントの両方のアプリケーションに対応できます。

詳細については、 2.4GHz HDMI-USB ワイヤレス・モジュールを参照してください。

 

アナログ・デバイセズ パートナー・プログラム

パートナーPartners

アナログ・デバイセズのパートナー・プログラムは、幅広い分野の市場や産業分野にわたって設計プロジェクトへの支援を提供できる共同パートナーの充実したリストを提供します。当社のパートナーが提供するハードウェアおよびソフトウェアと専門的な設計サービスとの組み合わせから、設計のニーズと課題に合った最適なソリューションを見つけ出すことができます。

パートナー・プログラムの詳細を見る

RadioVerse参加各社

MathWorks



Arrow



Benetel



TAiSYNC



BOELINK

Altera



Ettus Research



RF DSP



Vanteon Wireless Solutions



Deepwave Digital

EPIQ



Xilinx



Rincon Research Corporation



Richardson RFPD



Berten