2つの光源の相対強度を簡単に測定する方法はありませんか?

質問:

できるだけシンプルな回路によって、2つの光源の強度の差を測定したいと考えています。何か良い方法はありませんか?

RAQ Issue: 160

回答:

計装アンプのゲイン設定用の抵抗を2つのフォトレジスタに置き換えれば、ご希望の測定を実現できます。

照明に関するアプリケーションの中には、2つの光源を対象とするものがあります。そうしたアプリケーションでは、多くの場合、個々の光の強度(光度)を測定することよりも、両者の相対強度を測定することの方が重要です。2つの光源が同等の強度で光っていることを保証したいというケースが多いからです。例えば、1つの建物内にある制御室(部屋1)の内部の明るさを別の部屋(部屋2)の内部の明るさと比較するといったことが行われます。それにより、昼夜を問わずいつでも調整を実施できるようにするわけです。あるいは・・・・・・

 

続きはこちら
(RAQの閲覧には個人情報の入力が必要です)

著者

Chau Tran

Chau Tran

Chau Tran は、1984年にアナログ・デバイセズに入社し、マサチューセッツ州ウィルミントンにある計装アンプ製品(IAP)グループに勤務しています。1990年に、電気工学修士を取得してタフツ大学を卒業しました。10件を超える特許を取得し、これまでに10以上の技術論文を著しています。