OBSOLETE PRODUCT — AD8322:  CATVライン・ドライバ、5V、粗ステップ電力調整

AD8322は、低価格のデジタル制御可変ゲイン・アンプであり、ケーブル・モデムなど、MCNS-DOCSISアップストリーム規格に準拠して設計された同軸ライン駆動のアプリケーションに最適です。8ビットのシリアル・ワードにより、42dBのレンジにわたって目標の出力ゲインを設定することができ、6dB/LSBでゲインを変化させることができます。

AD8322は、0~-42dBのデジタル制御の可変減衰器と、その前段のローノイズ固定ゲイン・バッファ、およびその後段の低歪みパワーアンプで構成されます。DOCSISモデムのアプリケーションで使用すると、特定の復調器で利用可能な減衰器とともに動作し、DOCSISに必要な50dBレンジをサポートします。AD8322は、差動またはシングルエンドの入力信号を受信します。出力仕様では、同軸ケーブルなど75Ωの負荷を駆動するように規定していますが、これ以外の負荷を駆動できます。

この製品には評価用ボードがあります。製品番号AD8322-EVALでご注文ください。

AD8322:  CATVライン・ドライバ、5V、粗ステップ電力調整

製品概要

AD8322は、低価格のデジタル制御可変ゲイン・アンプであり、ケーブル・モデムなど、MCNS-DOCSISアップストリーム規格に準拠して設計された同軸ライン駆動のアプリケーションに最適です。8ビットのシリアル・ワードにより、42dBのレンジにわたって目標の出力ゲインを設定することができ、6dB/LSBでゲインを変化させることができます。

AD8322は、0~-42dBのデジタル制御の可変減衰器と、その前段のローノイズ固定ゲイン・バッファ、およびその後段の低歪みパワーアンプで構成されます。DOCSISモデムのアプリケーションで使用すると、特定の復調器で利用可能な減衰器とともに動作し、DOCSISに必要な50dBレンジをサポートします。AD8322は、差動またはシングルエンドの入力信号を受信します。出力仕様では、同軸ケーブルなど75Ωの負荷を駆動するように規定していますが、これ以外の負荷を駆動できます。

この製品には評価用ボードがあります。製品番号AD8322-EVALでご注文ください。

データシート

置き替え製品

製造中止、または生産終了となりましたアナログ・デバイセズの製品は、Rochester Electronics社を通して購入することができます。製品の販売状況に関しましては、直接Rochester Electronics社にご確認ください。



仕様

Gain Control Digital
Number of Channels 1
-3dB Bandwidth 180MHz
Gain (min) --12.6dB
Gain (max) +29.5dB; 42dB
Spectral Noise (nV/rtHz) 64nV/rtHz
Isupply (max) 113mA
Gain Accuracy (dB) �2dB
沪ICP备09046653号
この製品に対するご感想 X
content here.
content here.

この製品に対するご感想

閉じる