signals header

Signals+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

      Please see our Privacy Policy for further information on the above.
      プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

      ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

      世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

      閉じる

      FINANCIAL TIMES:ネットゼロ車


      2030年までに、自動車産業のムーンショットである、完全なネットゼロ車を生み出すには何が必要でしょうか?

      ネットゼロ車は、その製品生涯の最初から最後まで炭素を一切排出しないため、業界のリーダーたちは、その目標に向けてあらゆる手を尽くしています。多くのOEMが、その課題をクリアするために積極的な脱炭素化目標を設定しており、EV生産からエネルギー調達、そしてサプライ・チェーンの上流下流へと部品を運ぶ車両から、原料のリサイクルやバッテリのセカンド・ライフに至るまで、あらゆることについて検討しています。

      炭素排出を相殺するために木々を植えるのではなく、CO2ゼロの車を生み出すことは、サプライ・チェーンにつながるあらゆるCO2排出を認識および排除することを意味します。マイニング、原料精製および生産から、陸海空における輸送に至るまで全てです。

      その課題を解決するための戦略を発展させることが重要です。なぜなら、大規模な脱炭素化の実現は、長期的な試みだからです。リサイクルされた原料の使用を増やす一方で、プロセス排出を減らす新しいテクノロジーを採用し、調整することは、業界関係者たちの多大な努力を要します。ゼロカーボン車に向けた自動車製造のエコシステムの道のりにおいては、OEMが他のエコシステム・プレーヤーと協力して、確実にその道のりを効率的かつ費用対効果の高いものにする必要があります。道のりやプレーヤーの調整は、この挑戦のまさに核心となる部分です。

      アナログ・デバイセズ(ADI)は、2030年までにカーボン・ニュートラルを実現すること、2050年までにネットゼロを達成することを目標とし、EVの生産と運転の環境への影響を減らすべく、パートナーと取り組んでいます。ADIは、修理、改装、再利用によりEVバッテリの持続可能性を向上させる方法を模索しています。一方で、危険鉱物を追跡し、倫理的かつ透明性の高いサプライ・チェーンを促進するために、ブロックチェーンを備え、調達の信頼性を確実にしています。Dassault Systèmes、PolestarおよびSwitch Mobilityのような自動車産業のエコシステム・プレーヤーは、軽量アーキテクチャ、ネットゼロ・カーボン・テクノロジー、データ分析、ソフトウェアなどグリーン・モビリティを通じて生命を豊かにするミッションに取り組んでいます。

      業界のリーダーたちが、持続可能な社会に貢献する、持続可能な電気自動車を生み出すという課題の解決に関する見方を詳述する、以下の対話を是非ご覧ください。

      参加者:

      • Greg Henderson:アナログ・デバイセズ、オートモーティブ&エネルギー、通信、航空宇宙グループ担当シニア・バイス・プレジデント
      • Peter Freedman:Switch Mobility、最高マーケティング・サスティナビリティ責任者
      • Laurence Montanari:Dassault Systèmes、自動車・輸送機械・モビリティ担当バイス・プレジデント
      • Hans Pehrson:Polestar、Head of 0 Project代表
      • Peter Campbell:Financial Times、グローバル自動車産業特派員

      ビデオの各章:

      既存のサプライ・ベースの進化


      OEMは、コスト、品質、納期を常に重視してきましたが、今日では、そこに突然、持続可能性が加わりました。自動車産業のサプライ・チェーンの上流から下流まで全体を通して、Science Based Targetsと完全な見える化にコミットすることが必要とされ、それにより、コンスーマは意識的な購買意思決定を行うことができるのです。

      ゼロ・エミッション自動車の可能性


      ゼロ・エミッションのEVの開発は可能なのでしょうか?これは、複雑なエコシステムの問題です。製造から、サプライ・チェーンの上流下流へのエネルギー調達まで、あらゆる要素が連携して作動しなくてはなりません。

      持続可能なバッテリ・ライフサイクルを保証する


      自動車産業は、リサイクルを通じた製造から、いかにしてクリーンなEVバッテリのエコシステムを生み出すことができるでしょうか?規制基準、持続可能な生産の拡大、コストとリサイクル可能性のバランスが、どのように最適なソリューションを生み出すことに繋がるのか、ご覧ください。