signals header

Signals+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

      Please see our Privacy Policy for further information on the above.
      プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

      ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

      世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

      閉じる

      FINANCIAL TIMES:オートモーティブのヒューマンセントリックな未来


      Autotrader.comの最近の世論調査によると、ミレニアル世代の70%もの人たちが、インフォテインメント技術を新車購入時の「マストハブ(必須)機能」と考えています。自動車メーカーはこのことを認識しており、標準的な安全性や快適性をはるかに上回るパーソナライゼーション機能でこれに対応しようとしています。消費者は、車内のエクスペリエンスが家庭向け技術とそっくり同じものになることを要求しています。そのため、現在では、デジタル・アシスタントおよびパーソナル・オーディオ・ゾーンが、デジタル化とパーソナル化の新たなレベルとして車内エクスペリエンスに追加されようとしています。

      更には、車内におけるソフトウェアの役割の高まりに伴い、オーバー・ジ・エア・アップデートが標準となるでしょう。こうした挑戦は、最高レベルの精度、セキュリティ、認証への順守を確保する努力につながります。

      この極めて興味深い時宜に適った話題を、アナログ・デバイセズのオートモーティブ・キャビン・エクスペリエンス担当VPであるAndy McLeanが、将来の真に没入型の車内エクスペリエンスを理解する助けとなるいくつかの質問に答える形で、ご説明します。

      パネリスト:

      • Andy McLean、アナログ・デバイセズ、オートモーティブ・キャビン・エクスペリエンス担当VP
      • Peter Campbell、フィナンシャル・タイムズ、グローバル自動車産業担当記者

      ご覧いただけるビデオの区分:

      車内エクスペリエンスのカスタマイズ可能な機能


      カスタマイゼーション・オプションが無数にある世界は、皆さんが思うほどあり得ないものではないかもしれません。ナビゲーション、音楽、安全性などで、好みの機能のみを選択できる時代が到来しつつあります。

      車内エクスペリエンスに対するハードウェアによる制限の課題


      ソフトウェア/ハードウェアの難問:将来の車に対し店頭でのパーソナル化に向けたこうしたソフトウェア機能があるにも関わらず、これらの利点はどの程度までハードウェアのアップデート/機能に依存するのでしょうか?

      車内エクスペリエンスに生じ得る長期的変化


      360度画面、パーソナル・オーディオ・ゾーン、前席の乗員と後席の乗員での秘密の会話など、没入型のパーソナル化された車内エクスペリエンスの未来がどのようなものかご紹介します。