signals header

Signals+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

      詳細については、「個人情報保護とセキュリティに関する方針」をご覧ください。
      プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

      ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

      世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

      閉じる

      エレクトリフィケーション(電化)の民主化:EV総所有コストの改善

      EV(電気自動車)の米国における平均コストは$65,000で、シリコン・バレーでの販売は難しくないでしょう。しかし、経済的にEVを選択する余裕のない層にとって(例えばブロンクスやバンガロールの場合)、EVは手の届きにくい存在です。更に、これらの都市の環境条件を考えると(多くのことが地球上で最も大気汚染が進んでいることを示しています)、ガソリン車からEVへの移行による利益を最も享受することになるのは、その住民であることが理解できると思います。EV受け入れにとっての主な課題は、その総所有コスト(TCO)の妥当性を示し、EVの利点を認識して価格と性能のバランスを理解できるよう人々を啓蒙することです。

      以下のビデオでは、エレクトリフィケーション・エコシステムにおける興味深い活動を主導する人々が、EVの所有コストを改善するための課題とソリューションを明らかにします。アナログ・デバイセズのエレクトリフィケーション・ソフトウェア/エコシステム部門のディレクタを務めるChirag Patelの示唆に富む考察をご覧ください。

      参加者:

      • Chirag Patel、アナログ・デバイセズ、エレクトリフィケーション・ソフトウェア/エコシステム担当ディレクタ
      • Richard Colley、Arrival、公共政策および規制関連業務担当VP
      • Erik Severinson、Volvo Cars、産業戦略部門責任者
      • 司会:Asif Anwar、Strategy Analytics、ディレクタ

      ビデオの各章:

      消費者需要に合わせたバッテリのスケーリング


      エコシステムにおけるコラボレーションへの道を開くことは需要に見合ったバッテリ製造を実現する助けとなり、ワイヤレス・バッテリ管理は、バッテリ寿命全体を通じた充電状態と劣化状態の測定と、再利用およびリサイクルのための情報を得ることを可能にします。

      バッテリの化学構造の影響


      よりコスト効果の高いバッテリの化学構造は、EVの販売価格と総所有コストを下げる機会を提供します。しかし多くの場合、これらの化学構造は最も対応が難しい課題でもあります。

      BaaS(Battery as a Service)モデル


      米国では現在数十万箇所の充電ステーションを利用することができますが、充電時間が長いため、バッテリ・スワッピングとBaaS(Battery as a Service)ビジネス・モデルの発展につながる可能性が指摘されています。EV購入時のバッテリ・リースは、消費者にとってのコストを削減し、相手先ブランド名製造業者(OEM)にとっては新たな収益の流れを作り出すことにもなります。

      ディスカッションの全体を視聴

      (日本語字幕なし)