SIGNALS+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

プライバシー設定 個人情報保護とセキュリティに関する方針 その代理店

ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

閉じる

EV向けにエンドツーエンドで持続可能なカーボンフットプリントを推進


電気自動車(EV)は大きな発展を遂げました。国際エネルギー機関(IEA)は、2030年までに電気自動車の数が1億2,500万台に増加すると予測しています1。EVは今では、さまざまな価格帯で提供されており、本当の意味で主流になりました。異なる市場セグメントに固有の価値提案を行い、EVを所有する体験を進化させています。

しかし、炭素排出量ゼロの目標を実現するには、EVの持続可能な循環型経済の基礎の上に十分に環境に配慮されたサプライチェーンを構築するという重要な課題があります。これはまず、精密監視によりバッテリの状態に関する質の高い情報を収集することから始まります。これにより、バッテリのセカンドライフの実用的な用途へのスムーズな移行を含め、バッテリのライフサイクル全体において十分な情報を得たうえでの意思決定が可能になります。

ADI、トヨタ、フォード、マヒンドラがEVの持続可能なサプライチェーンに関するソート・リーダーシップについて話し合います。セッションではさまざまな市場分野と地域から電動化の専門家が集まり、モビリティの真にグリーンな未来に向けて協力して取り組む方法に関して意見を交換しています。

参加者:

  • パトリック・モーガン(Patrick Morgan):アナログ・デバイセズ、オートモーティブ担当副社長
  • アニルバン・ゴーシュ(Anirban Ghosh) :マヒンドラ・グループ、最高サステナビリティ責任者
  • ギル・プラット(Gill Pratt):トヨタ チーフ・サイエンティスト兼トヨタ・リサーチ・インスティテュートCEO
  • シンシア・ウィリアムズ(Cynthia Williams):フォード・モーター・カンパニー、グローバル・ディレクター
  • ジェフ・ギルバート(Jeff Gilbert):WWJ Newsradio 950/CBS Radio Network、AutoBeatレポーター

ビデオの各章:

EVの所有を持続可能にするテクノロジーの進化


これまで、EVは両極端な価格帯にありましたが、現在ではテクノロジーの進化によりEVが本当の意味で主流となり、持続可能性に多くの人が関われるようになりました。EVの再生は携帯電話と類似していると考えています。携帯電話テクノロジーの進化が安定したセカンドハンド市場を実現し、素材のリサイクルを合理化したからです。自動車会社は総合的なモビリティ・ソリューションに移行して、顧客との関係をもう一度見直すことでリサイクルと再利用のベストプラクティスを実現しています。

より環境に優しいEVサプライチェーンの実現


材料の調達から製造、物流、管理まで、最終的な目標は脱炭素です。EVサプライチェーンを通じて持続可能性を確実にすることは、真にカーボン・ニュートラルな未来を実現するために不可欠です。

持続可能な循環型経済を実現する


今後5年間で、電気自動車の数は現在の5倍になります。これは、バッテリ、材料、物質などEVの様々な要素を再利用してリサイクルする絶好の機会となります。このような流れの中、ADIのようなテクノロジー企業はいくつもの最終用途でその存在感を発揮して、状況を全体的に捉え、イノベーションによりエコシステムの関係者をつなぐ架け橋となります。

1.電気自動車の数は2030年までに300万台から1億2,500万台に増加します: IEA(cnbc.com)