MAX31334
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

MAX31334

超低消費電力リアルタイム・クロック、パワー・スイッチ内蔵

すべて表示 showmore-icon

ハイサイド・パワー・スイッチ内蔵、業界唯一のRTC

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.15
特長
  • 超低消費電力リアルタイム・クロック
    • タイムキーピング電流:70nA
    • タイムキーピング電圧範囲:1.1V~5.5V
    • 電源障害時のバックアップ電源への自動切り替え
    • 外部スーパーキャパシタ用のトリクル・チャージャ
  • ステート・マシンを備えた内蔵パワー・スイッチによってシステムのバッテリ駆動時間を延長
    • 連続電流:最大500mA
    • 超低オン抵抗:57mΩ
    • 周期的な割込みによるウェイクアップ:カウントダウン・タイマー(100ms~1時間)およびアラーム(1秒の分解能)
    • 外部割込みによるウェイクアップ、プッシュボタンなど
  • 基板スペースを節約
    • 水晶用の外付けコンデンサ不要
    • 12ピンWLP (1.5mm × 2mm)
    • 12ピンTDFN (3mm × 3mm)
  • 付加価値機能によって使用が容易
    • 多くの32.768kHz水晶で動作(CLの制限なし)
    • 2つの時刻アラーム
    • イベント検出およびタイムスタンプ
    • 1/128秒レジスタ
    • 32バイトのユーザーRAM
製品概要
show more Icon
超低消費電力、リアルタイム・クロック(RTC)のMAX31334は、タイムキーピング消費電流がわずか70nAのタイムキーピング・デバイスです。このデバイスはハイサイド・パワー・パス・スイッチを内蔵し、システム上の他のデバイスへの電源を切断することによってデューティ・サイクル型アプリケーションで超低消費電力アイドル・モードを実現します。パワー・スイッチのオン/オフ時間は、カウントダウン・タイマー(100ms~1時間の範囲でプログラマブル)やアラーム(1秒の分解能)などの周期的な割込みソースによって制御することができます。また、DINピンへの外部割込み(たとえば、プッシュボタンから)によってパワー・スイッチを制御することも可能です。MAX31334は任意の負荷(CL)仕様を備えた広範な水晶に対応するため、このデバイスに使用可能な水晶の範囲が広がります。このデバイスには、I2Cシリアル・インターフェースを介してアクセスします。内蔵のパワー・オン・リセット機能によって、起動時に必ずデフォルトのレジスタ状態になることが確保されます。

また、このデバイスはバックアップ電源ピン(VBAT)も備えており、主電源(VCC)がプログラムされたスレッショールド電圧を下回った場合に自動的にこの電源に切り替わります。その他の機能として、2つの時刻アラーム、割込み出力、設定可能な方形波出力、タイムスタンプを備えたイベント検出入力(32バイトのタイムスタンプ・レジスタはRAMストレージと兼用)、シリアル・バス・タイムアウト機構があります。

また、デジタル・シュミット・トリガ入力(DIN)を使用して、DIN信号の立下り/立上りエッジでタイムスタンプの記録および/または割込みのアサートを行うことも可能です。クロック/カレンダーは、秒、分、時、曜日、日、月、および年の情報を提供します。秒以下のタイムスタンプ分解能を実現するために、1/128秒レジスタが利用可能です。月の最後の日付は、うるう年の補正を含めて、31日より少ない月について自動的に調整されます。このクロックは、24時間または12時間形式で動作します。

MAX31334は鉛(Pb)フリー/RoHS準拠、12ピンWLP (1.5mm × 2mm、0.5mmピッチ)、および12ピンTDFNパッケージ(3mm × 3mm)で提供されます。

このデバイスは-40℃~+85℃の拡張温度範囲に対応します。

アプリケーション

  • 電子棚札
  • 超低電力IoTモジュール
  • 医療用ウェアラブル
  • 温度ロガー
  • 資産追跡
  • バッテリー動作機器

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.15

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAX31334EWC+
  • HTML
  • HTML
MAX31334EWC+T
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 4

reference details image

MAX32670-SX-ARDZ

Long Range Wireless Radio Development Platform Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and SX1261 RF Transceiver

zoom

MAX32670-SX-ARDZ

Long Range Wireless Radio Development Platform Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and SX1261 RF Transceiver

Long Range Wireless Radio Development Platform Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and SX1261 RF Transceiver

機能と利点

  • MCU:
    • Arm Cortex-M4 Core with FPU up to 100 MHz
    • 384 kB flash memory with error correction
    • 160 kB SRAM (128 kB with ECC enabled), optionally preserved in lowest power modes
    • Compatible RTC resolution for protocol timeout management
  • Security:
    • Available secure boot
    • Support cryptographic algorithms, including AES-128/192/256
  • Power
    • Ultralow power real time clock with integrated power switch
      • With 300 nA power consumption during sleep mode
  • Long Range Radio
    • Support FSK, GFSK, MSK, GMSK, and Long Range FHSS modulations
    • Power Output: +15 dBm transmit peak power
    • Programmable bit rate up to 62.5 kbps and 300 kbps
    • Support sub-GHz ISM bands from 800 MHz to 960 MHz
    • High sensitivity: down to -148 dBm

製品の詳細

The MAX32670-SX-ARDZ base board features the MAX32670 high-reliability, ultralow power microcontroller based on Arm Cortex®-M4 processor, and the SX1261 long range RF transceiver. The integrated RF transceiver supports a frequency range from 800 MHz up to 960 MHz, making it suitable for high-performance flexible platforms that wirelessly transmit encrypted data at long range; enabling a wide range of IoT applications using ADI sensing solutions.

Due to its low power consumption, this module is ideal for devices running on small-sized batteries. The on-board MAX32670 Arm Cortex®-M4 32-bit microcontroller provides the platform with complete capability to run entire RF stacks and user applications.

APPLICATIONS

  • Smart meters
  • Supply chain and logistics
  • Building automation
  • Agricultural sensors
  • Smart cities
  • Retail store sensors
  • Asset tracking
  • Streetlights
  • Parking sensors
  • Environmental sensors
  • Healthcare
  • Safety and security sensors
  • Remote control applications
reference details image

AD-MAX32LRWISE-SL

Long Range Wireless Radio Development Kit Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and LR1110 RF Transceiver

zoom

AD-MAX32LRWISE-SL

Long Range Wireless Radio Development Kit Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and LR1110 RF Transceiver

Long Range Wireless Radio Development Kit Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and LR1110 RF Transceiver

機能と利点

  • Provides the user with a platform to evaluate the features and performance of the evaluation kit​
  • Allows the user to prototype and test their IoT applications before moving on to full-scale development​
  • Provides tools for analyzing the power consumption of the device, helping the user to optimize their applications for energy efficiency​
  • Includes development tools, libraries, and documentation to assist user in writing and debugging their code​
  • Helps the user analyze and study the different modulation schemes, data rates, and other parameters relevant to IoT communication​
  • Comes with user-friendly interfaces, documentation, and software tools that simplify the integration process which can save developers time and effort when incorporating the LR1110 into their IoT devices​

製品の詳細

The AD-MAX32LRWISE-SL development kit is a tool intended for designing solutions based on low-power, long range proprietary radio communication technique. This platform features the LR1110, an RF transceiver based on spread spectrum modulation techniques derived from chirp spread spectrum (CSS) technology, and supports a frequency range from 800 MHz to 960 MHz. This solution is also based on the MAX32670 ultralow power microcontroller based on ARM Cortex-M4 processor.​

The platform comes in an Arduino Uno form factor, with two PMOD connectors, and an ESP32 Dev Kit connector for easy-to-connect sensors and signal conditioning add-on modules. Complete with working software and hardware, as well as software examples, this kit makes it easier for customers to prototype and create connected systems and solutions for IoT applications.​

The base platform is accompanied with various Analog Devices add-on hardware but is also compatible with 3rd party hardware. A free programming and debugging tool called Maxim SDK is also provided by Analog Devices.​

The AD-MAX32LRWISE-SL development kit is complete with 1 base board, 1 sensor node, gateway setup essentials, and other accessories. However, customers also have the option to avail of the components individually as intended for their application development.​

  • Base Board:
    • MAX32670-LR-ARDZ Base board (can be purchased separately)​
  • Component Sensor Node:
    • EV-CATTLETAG-ARDZ Smart Livestock Tracking and Health Monitoring Sensor (can be purchased separately)​
  • Gateway Essentials and Other Accessories (can be purchased separately)​
    • RAK5146 PiHAT Kit
    • Raspberry Pi 4 Model B
    • MAX32625PICO rapid development Board
    • RPi4 Power Supply
    • MicroSD Card
    • LAN Cable

    APPLICATIONS

    • Battery-Powered Medical Devices
    • Industrial Sensors
    • Optical Communication Modules
    • Secure Radio Modem Controller
    • Smart Sensor Controller
    • System Housekeeping Controller
reference details image

MAX31334SHLD

MAX31334評価用キット

zoom

MAX31334SHLD

MAX31334評価用キット

MAX31334評価用キット

機能と利点

  • MAX31334を容易に評価
  • 単電源動作:+1.1V~+5.5V
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

製品の詳細

MAX31334シールド評価用キット(EVキット)は、MAX31334評価用の完全実装および試験済みPCBです。MAX31334は、超低消費電力、低コストのリアルタイム・クロック(RTC)で、パワー・スイッチ、I2Cインターフェース、およびパワー・マネージメント機能を内蔵しています。このシールドEVキットは単電源で動作し(USBまたは外部電源を使用)、ボードに搭載した水晶発振器が32.768kHzのクロック信号を生成します。このデバイスには、USBポートによってPCに接続されたMAX32625 PICOボードが提供する、I2Cシリアル・インターフェースを通じてアクセスできます。

MAX31334シールドEVキットは、MAX31334の評価に必要なハードウェアおよびソフトウェア・グラフィック・ユーザー・インターフェース(GUI)を備えています。このキットにはMAX31334が搭載されており、MAX32625 PICOボードとマイクロUSBケーブルを通じてPCに接続します。

アプリケーション

  • 電子棚札
  • 超低消費電力IoTモジュール
  • 医療用ウェアラブル
  • 温度ロガー
  • 資産管理
  • バッテリ駆動デバイス

ソフトウェア

pdf icon

ZIP

3.55 M

reference details image

MAX32670-LR-ARDZ

Long Range Wireless Radio Development Platform for Asset Management Applications Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and LR1110 RF Transceiver

zoom

MAX32670-LR-ARDZ

Long Range Wireless Radio Development Platform for Asset Management Applications Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and LR1110 RF Transceiver

Long Range Wireless Radio Development Platform for Asset Management Applications Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and LR1110 RF Transceiver

機能と利点

  • MCU:
    • Arm Cortex-M4 Core with FPU up to 100 MHz
    • 384 kB flash memory with error correction
    • 160 kB SRAM (128 kB with ECC enabled), optionally preserved in lowest power modes
    • Compatible RTC resolution for protocol timeout management
  • Security:
    • Available Secure Boot
    • Support cryptographic algorithms, including AES-128/192/256
  • Power
    • Ultralow power real time clock with integrated power switch
      • With 300 nA power consumption during sleep mode
  • Multi-Purpose Radio Front-End Targeting Geolocation Purposes
    • Global Navigation Satellite System (GNSS) (GPS/BeiDou) low-power scanning
    • 802.11b/g/n Wi-Fi ultralow power passive scanning
  • Long Range Radio
    • Support FSK, GFSK, MSK, GMSK, and Long Range FHSS modulations
    • Power Output: +15 dBm transmit peak power
    • Programmable bit rate up to 62.5 kbps and 300 kbps
    • Support sub-GHz ISM bands from 800 MHz to 960 MHz
      • High sensitivity: down to -148 dBm

製品の詳細

The MAX32670-LR-ARDZ base board features the MAX32670 high-reliability, ultralow power microcontroller based on Arm Cortex-M4 processor, and the LR1110 long range RF transceiver module. The integrated RF transceiver supports a frequency range from 800 MHz up to 960 MHz, making it suitable for high-performance flexible platforms that wirelessly transmit encrypted data at long-range; enabling a wide range of IoT applications using ADI sensing solutions.

This solution also utilizes Semtech’s Long Range Cloud™ Geolocation capabilities to significantly reduce power consumption by determining asset location in a cloud-based solver. Due to its low power consumption, this module is ideal for devices running on small-sized batteries The on-board MAX32670 Arm Cortex®-M4 32-bit microcontroller provides the platform with complete capability to run entire RF stacks and user applications.

APPLICATIONS

  • Asset location
  • Asset recovery
  • Asset traceability
  • Inventory management
  • Asset loss and theft prevention
ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

最近閲覧した製品