LTC5552
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

LTC5552

DC~6GHzの広帯域IFポートを備えた3GHz~20GHzマイクロ波ミキサ

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$27.14
機能
  • LOバッファ内蔵:0dBmでLOを駆動
  • 広帯域の50Ω整合RFおよびLOポート
  • 広いIF帯域幅:DC~6GHz
  • アップコンバージョンまたはダウンコンバージョン
  • 高いIIP3:
    • +22.5dBm(10GHz)
    • +18.3dBm(17GHz)
  • 入力P1dB:+14.6dBm(10GHz)
  • 変換損失:8dB(10GHz)
  • 電源:3.3V/132mA
  • 高速オン/オフによりTDD動作に対応
  • 3mm×2mm、12ピンQFNパッケージ
製品概要
show more Icon

LTC5552は高性能のマイクロ波二重平衡パッシブ・ミキサで、周波数のアップコンバージョンにもダウンコンバージョンにも使用することができます。このデバイスはLTC5553と似ていますが、DC~6GHzの広帯域差動IFポートを備えています。LTC5552の推奨アプリケーションは、IFの周波数範囲が500MHzより低い方向に広がっているアプリケーションです。IFの周波数が常に500MHzより高いアプリケーションでは、LTC5553を推奨します。IFバランを内蔵しているからです。

ミキサと内蔵のRFバランは、3GHz~20GHzのRF周波数範囲をカバーするよう最適化されています。内蔵のLOアンプは1GHz~20GHzの周波数範囲に合わせて最適化されているので、必要な駆動能力はわずか0dBmです。

このデバイスはIIP3とP1dBが高く、LOの漏れが少なく、高い集積度で小型パッケージに収容されています。


アプリケーション

  • 5G広帯域無線アクセス
  • マイクロ波トランシーバ
  • ワイヤレス・バックホール
  • 2地点間のマイクロ波通信
  • フェーズドアレイ・アンテナ
  • C帯域、X帯域およびKu帯域のレーダー
  • テスト装置
  • 衛星モデム

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$27.14

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
LTC5552IUDB#TRMPBF
  • HTML
  • HTML
LTC5552IUDB#TRPBF
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

DC2668A

LTC5552 Demo Board | 3GHz to 20GHz Microwave Mixer with Wideband DC to 6GHz IF

zoom

DC2668A

LTC5552 Demo Board | 3GHz to 20GHz Microwave Mixer with Wideband DC to 6GHz IF

LTC5552 Demo Board | 3GHz to 20GHz Microwave Mixer with Wideband DC to 6GHz IF

製品の詳細

Demonstration circuit 2668A is optimized for evaluation of the LTC5552 passive double-balanced mixer. Its RF port is broadband matched from 3GHz to 20GHz, and the internal LO amplifier, requiring only a 0dBm drive level, is broadband matched to 50Ω from 1GHz to 20GHz with 10dB Return Loss. The differential IF output is usable from DC to 6GHz. The LTC5552 can be used for upconverting and downconverting applications. 

 

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

最近閲覧した製品