製品概要

機能と利点

  • 2線バス用の1:2マルチプレクサ/スイッチ
  • SDAラインおよびSCLライン用の双方向バッファ
  • VIL = 0.3•VCCの大きなノイズ・マージン
  • SDAラインとSCL ラインをENABLEピンで接続
  • 立ち上がり時間アクセラレータの電流および作動電圧を選択可能
  • 1.5V、1.8V、2.5V、3.3Vおよび5Vバスのレベルシフト
  • バックプレーンに対する基板の活線挿抜時のSDAとSCLの破損防止
  • スタックバスの切断および復旧
  • I2C、I2C Fast ModeおよびSMBusに準拠
  • ±4kV人体モデル(HBM) ESD耐性
  • 14ピン4mm × 3mm DFNおよび16ピンMSOPパッケージ

製品概要

LTC4312は、あらゆる組み合わせの下り方向バスまたはチャネルに1本の上り方向バスを接続可能にする、ホットスワップ可能な2チャネル、2線バス・マルチプレクサです。それぞれの接続を個別のイネーブル・ピンで制御します。LTC4312は双方向バッファリングを行い、上り方向バス容量を下り方向バス容量から絶縁された状態に保ちます。LTC4312はノイズ・マージンが大きいので、高いVOL (>0.4V)をドライブするI2Cデバイスと組み合わせて使うことができます。LTC4312は1.5V、1.8V、2.5V、3.3Vおよび5Vバス間のレベル変換をサポートしています。また、ホットスワップ可能なので、電源の入ったバックプレーンに対するI/Oカードの挿入/引抜き時にデータ・バスやクロック・バスの破損を防ぐことができます。

45msの間、データとクロックの両方が一度も同時に“H”にならず、DISCEN が“H”の場合、FAULT信号が生成され、バスが“L”にスタックした状態であることを知らせます。次いで、イネーブルされたすべての出力チャネルからその入力を切り離し、イネーブルされた下り方向バスに最多16クロックを生成します。スリーステートのACCピンにより、入力側および出力側の立ち上がり時間アクセラレータの強度を制御可能で、VIL,RISING電圧を設定します。


アプリケーション

  • ATCAなどの通信システム
  • アドレス拡張
  • レベル変換器
  • 容量バッファ/バス・エクステンダ
  • 基板の活線挿入
  • PMBus

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

ツール

IBIS Models

おすすめ製品

LTC4312 互換製品

推奨製品 µModule Isolator

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明