製品概要

機能と利点

  • 単一3.3Vまたは±3.3V動作が可能 
  • ソフトウェア・プログラマブル機能:
    • ユニポーラ/バイポーラ変換選択機能
    • 4組の差動入力/8組のシングルエンド入力およびその組合せが可能
    • MSBファースト、LSBファーストいずれも可能
    • データ・ワード長プログラム可能 
  • サンプル&ホールド内蔵 
  • 4本のみのラインで大部分のMPUシリアルポート、およびすべてのMPUパラレル・ポートに直接インタフェース可能 
  • 最大15kHzのスループット・レート

製品概要

H(メタルキャン)、J(セラミック)、K(メタルキャン)パッケージではすでに廃品になっています。

LTC1283はシリアルI/O逐次比較型A/Dコンバータを基本とした3Vデータ・アクイジション・システムです。LTCMOSスイッチト・キャパシタ・テクノロジーを用い、10ビットのユニポーラ、または9ビットおよび符号のバイポーラA/D変換のどちらでも実行できます。8チャネル入力のマルチプレクサはシングルエンド、または差動入力(あるいはそれらの組合せ)のどちらでも構成できます。チップに組み込まれたサンプル&ホールドがすべてのシングルエンド入力チャネルに対応します。

シリアルI/Oは標準的なフルデュプレックス・シリアル・インタフェースに適合するように設計されています。MSB、LSBファーストのどちらも可能で、バイポーラ・モードでは2の補数出力コードを自動的に与えます。出力データ・ワードは8、10、12、または16ビット長にプログラム可能です。これによりシフト・レジスタと多様なプロセッサとの接続を容易にします。

LTC1283AおよびLTC1283の両デバイスとも±0.5LSB以下のオフセットおよび直線性誤差で規定されています。LTC1283Aの利得誤差限界は±1LSBです。LTC1283は利得が可変かあまり重要でないアプリケーション用に、±2LSBの直線性誤差限界で規定されています。


アプリケーション

  • 最小保証電源電圧: 3V 
  • 分解能: 10ビット 
  • オフセット誤差: ±0.5LSB(MAX) 
  • 直線性誤差: ±0.5LSB(MAX) 
  • 利得誤差(LT1283A): ±1LSB(MAX) 
  • 変換時間: 44μs 
  • 消費電流: 350μA(MAX)、150μA(TYP) 

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

おすすめ製品

LTC1283 互換製品

推奨製品 µModule Isolator

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

ディスカッション

LTC1283 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明