製品概要

機能と利点

  • クレスト・ファクタ(電力のピーク値と平均値の比)の測定
  • 3.9 GHz までの検出精度: ±1 dB
  • 入力ダイナミック・レンジ:
    -55 dBm ~ +15 dBm
  • RF 信号波形やクレスト・ファクタに依存しない
  • -40℃ ~ +85℃ で +5 V 動作
  • 優れた温度安定性
  • パワーダウン・モード 
  • 32 ピン 5 mm x 5 mm SMT パッケージ: 25 mm²

製品概要

HMC1030LP5E は、0.1 GHz ~ 3.9 GHz の周波数範囲で RF パワー信号の高精度な測定と制御を行うアプリケーション用に設計されたデュアル・チャンネル RMS パワー・ディテクタです。このデバイスは、50 Ω を基準とした RMS 値が -60 dBm ~ +10 dBm のクレスト・ファクタが大きい入力信号で使用することができ、精度低下を生じません。 

各 RMS 検出チャンネルは、70 dB の広いダイナミック・レンジで、3.9 GHz までの動作に対して完全に仕様が規定されています。HMC1030LP5E は +5 V の単電源で動作し、RMSA ピンと RMSB ピンに、スロープが 37 mV/dB にスケーリングされた 2 つのデシベルリニア検出出力を提供します。RMSA と RMSB のチャンネル出力は、ダイナミック・レンジ、ログ・リニアリティ、温度安定性に関して、Hittite の HMC1021LP4E RMS ディテクタと同等の RMS 検出性能を備えています。RMSA と RMSB の出力は、平均入力信号パワー、つまり真の RMS パワーの実測値を与えます。1 dB 未満の優れたチャンネル・マッチング、広い入力周波数範囲、さらに小さな温度ドリフトで、最大 3.9 GHz の周波数を検出することができます。 

アプリケーション
  • 対数から 2 乗平均値(RMS)への変換
  • Tx/Rx 信号強度表示(TSSI/RSSI)
  • アンテナの VSWR モニタ
  • レシーバの自動ゲイン制御
  • トランスミッタのパワー制御

製品ライフサイクル icon-not-recommended 最終販売

このファミリーの全製品について製造中止が予定されています。製品の最終購入をご検討の場合は、弊社営業担当、あるいは販売代理店にお問い合わせください。また、「製造中止情報」 をご覧いただき、最終受注期限および最終引き受け納期をご確認ください。

評価キット (1)

ツール

S-Parameters

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード

表示されている価格は、1個あたりの価格です。

analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。