製品概要

機能と利点

  • 高性能、面内回転速度ジャイロ・センサー
  • 温度補償、高精度オフセット、高感度性能
  • ジャイロ・センサー最大ノイズ 2°/sec 実効値
  • 16 ビット・データ・ワードによるシリアル・ポート・インターフェース(SPI)デジタル出力
  • 静止電流消費量 <20 mA
  • 動作電圧: 3.3 V と 5 V
  • 温度範囲: −40°C 〜 +105°C
  • 面内ロール・レート感知対応の 16 ピン SOIC_CAV 表面実装パッケージ
  • オートモーティブ・アプリケーション向けの性能を評価済み

製品概要

ADXRS910 は、オートモーティブ・ロールオーバー検出アプリケーション向けに設計された、高性能面内ジャイロ・センサーです。ADXRS910 にも、オフセットおよび感度の性能を補償するための内部温度センサーがあり、-40°C ~ +105°C の温度範囲にわたって優れた安定性をもたらします。

このジャイロ・センサーは、 80 LSB/°/sec で ±300°/sec のフルスケール・レンジを実現します。その共振するディスク・センサー構造により、面内軸付近での角速度の測定が可能です。-3 dB フィルタ・コーナ周波数は、24.6 Hz、49 Hz、102 Hz、または 201 Hz を選択することができます。デバイスからのセンサー・データ出力は、16 ビット、2 の補数ワードで、32 ビットの SPI トランザクションに含まれます。SPI 通信は最大 10 MHz 対応です。

ADXRS910 は、16 ピン反転 SOIC パッケージを採用しています。ADXRS910 は、3.3 V および 5 V で動作して、20 mA の電流を消費するように仕様規定されています。このデバイスは、温度範囲 -40°C ~ +105°C にわたって仕様規定されています。

アプリケーション

  • ロールオーバー検出

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ディスカッション

ADXRS910 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»