ADXRS645
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADXRS645

高温度、振動除去±2000°/秒ジャイロ・センサー

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格 最低価格:$1147.58
機能
  • 革新的なセラミック縦実装パッケージは、ピッチまたは回転速度応答に合わせて配置可能
  • 広い動作温度範囲:−40°C~+175°C
  • 長寿命:TA = 175°Cで1000時間保証
  • 広い周波数で高い振動除去
  • 10,000gの電力衝撃耐性
  • リファレンス電圧に比例
  • 5V単電源動作
  • セルフ・テスト・デジタル・コマンド
  • 温度センサー出力
追加の詳細
show more Icon
ADXRS645は、高温度環境で使用できる振動耐性に優れた高性能角速度センサーです。ADXRS645は、何年もの間現場で信頼性が実証されているアナログ・デバイセズの特許取得済み大容量BiMOS表面マイクロマシン・プロセスを使用して製造されています。高度な差動クワッド・センサー設計により、優れた加速度と振動除去になっています。

出力信号RATEOUTは、パッケージ・リッドに垂直な軸を中心とする角速度に対して電圧が比例しています。測定範囲は±2000°/秒であり、1つの外付け抵抗を追加することで±5000°/秒まで拡張できます。出力は、リファレンスからの供給電圧に比例します。動作には他の外付けコンデンサが必要です。

温度出力は、補償技法に合わせて共有されます。2つのデジタル・セルフテスト入力は、センサーとシグナル・コンディショニング回路の両方の適切な動作をテストするようセンサーを電気機械的に励起します。ADXRS645は、8mm × 9mm × 3mm、15ピンでろう付けされたピン3重インライン・パッケージで提供されています。

アプリケーション

  • 地質学的調査のダウンホール測定
  • 超高温環境の産業用途
  • 過酷な機械環境

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格 最低価格:$1147.58

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADXRS645HDYZ
  • HTML
  • HTML
評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-ADXRS645

ADXRS645 Evaluation Board 

zoom

EVAL-ADXRS645

ADXRS645 Evaluation Board 

ADXRS645 Evaluation Board 

機能と利点

  • Compact breakout board for ADXRS645
  • High temperature compliant bill of materials (175°C)
  • Solder link options

製品の詳細

The EVAL-ADXRS645Z is a simple, compact breakout board that facilitates quick performance evaluation of the high temperature ADXRS645 ±2000°/sec analog output single-axis rate gyroscope. Use this evaluation board to evaluate performance on the bench, over temperature, and to facilitate system integration.


The EVAL-ADXRS645Z has two sets of 5-lead, 0.1 inch pin spaced plated through holes that make electrical connections between the ADXRS645 and the existing system. The EVAL- ADXRS645Z also provides four mounting holes for mechanical attachment of the board to the application.


The dimensions of the EVAL-ADXRS645Z are 1.275 inch × 1.275 inch (32.38 mm × 32.38 mm) with two sets of mounting holes. The outer set of holes is 0.15 inch (3.81 mm) in diameter and arranged in a 1.0 inch × 1.0 inch (25.4 mm × 25.4 mm) square around the center of the printed circuit board (PCB). 


All parts in the Bill of Materials section (including polyimide laminate PCB) are rated for high temperature, 175°C, for short duration testing at elevated temperatures. The assembly has not been qualified for extended use at high temperatures.


The schematic and board layout, as well as the board itself, indicate the pin names for easy identification. For additional information on the pin functions, refer to the ADXRS645 data sheet.


R2 is a solder link jumper that connects VRATIO to the VCC input (see Figure 2) on the board. R2 is installed by default and must be removed if a separate VRATIO is desired.


A resistor can be installed in the R1 footprint to extend the measurement range of the device. Refer to the ADXRS645 data sheet for more information on this feature.

最近閲覧した製品