製品概要

機能と利点

  • ユーザ選択可能なセンサーの g 範囲: ±60 g、±120 g、±240 g、±480 g
  • 2 軸(x 軸および y 軸)センサー
  • PSI5 バージョン 2.1 エアバッグ準規格に準拠
    • 同期動作
    • PSI5-P10P-500/3L 他
    • 双方向通信のデイジーチェーン動作
  • アプリケーション・レベルのシリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)通信
  • 16 ビットまたは 10 ビットのセンサー・データを選択可能
  • 各軸のg 範囲とタイム・スロットを別々に設定可能
  • 各軸を別々に故障識別
  • 完全差動アナログ・シグナル・チェーン
  • 0.25 μs のデータ・インターポレーション・ルーチン
  • 選択可能な連続オートゼロ動作
  • 高い電磁干渉(EMI)耐性および無線周波数干渉(RFI)耐性
  • SPI モード電源電圧: 3.3 V および 5 V(+5%)
  • PSI5 モード電源電圧範囲: 4.5 V ~ 11.0 V
  • 車載アプリケーション向けに性能評価済み

製品概要

ADXL251 は、g 範囲がユーザ選択可能な 2 軸の統合サテライト・センサーで、PSI5 バージョン 2.1 エアバッグ準規格に準拠し、PSI5 バージョン 1.3 にも後方準拠しています。ADXL251(x 軸/y 軸)は、正面衝突および側面衝突エアバッグ、さらにサテライト・センサーや電子制御装置(ECU)のメイン・センサー・アプリケーション向けに、低価格のソリューションを実現します。加速度データは、2 線式デジタル電流ループ PSI5 バスを介して制御モジュールに送られます。ECU アプリケーションのには、SPI バスを介した通信も可能です。

このデバイスでは、ECC 保護付き ワンタイム・プログラマブル(OTP)メモリを採用しています。センサーの g 範囲は、フルスケールの測定範囲が±60 g、±120 g、±240 g、±480 g の加速度になるように設定できます。ユーザは各軸を個別に異なるタイム・スロットで複数の g 範囲を設定することができます。PSI5 モードには、プログラム可能なタイム・スロットが 4 つあります。このデバイスは、16 ビットまたは 10 ビットの加速度データを制御モジュールに送信しますが、1 ビットのパリティ・チェック、または 3 ビットの巡回冗長検査(CRC)のいずれかを含むように設定できます。

ADXL251 は、4 mm × 4 mm LFCSP パッケージを採用し、フルの車載温度範囲 −40°C ~ + 125°C で動作するように仕様規定されています。

アプリケーション

  • 正面衝突の検知
  • 側面衝突の検知

製品ライフサイクル icon-not-recommended 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。