製品概要

機能と利点

  • ジャイロ・センサーと 2 軸低 g 加速度センサーを結合
  • 温度補償、高精度バイアス、高感度性能
  • 使用温度範囲にわたる加速度センサー・バイアス安定性: ±30 mg
  • 使用温度範囲にわたるジャイロ・センサー・ナル安定性: ±2°/sec
  • 通常、35.6 Hz で 2.5 mg 実効値の加速度センサー・ノイズ
  • 通常、35.6 Hz で 0.1°/sec 実効値のジャイロ・センサー・ノイズ
  • ジャイロ・センサー: 0.03°/sec/g の線形加速度除去
  • 加速度: ±32 g の広帯域性能
  • 16 ビット・データ・ワードおよび 4 ビット CRC による SPI デジタル出力
  • 包括的な電子機械式フェイルセーフ機能
  • 6 kHz のデータ更新レート
  • プログラマブル・フィルタ応答
  • <16 mA の静止電流引き込み
  • 動作電圧: 3.3 V または 5 V
  • 温度範囲: −40°C 〜 +105°C
  • 堅牢な EMI 性能対応の 16 ピン反転キャビティ SOIC パッケージ
  • オートモーティブ・アプリケーション向けの性能を評価済み

製品概要

ADXC1500 は、ヨー・レート・ジャイロ・センサーと 2 軸加速度センサーを 1 つにまとめたパッケージです。本製品は、ヨー・レートと加速度信号を同時に必要とする電子横滑り防止制御(ESC)などの高性能アプリケーション向けに設計されています。内部温度センサーがオフセットおよび感度の性能を補償して、-−40°C ~ +105°C の温度範囲にわたって優れた安定性をもたらします。

デジタル・シリアル・ポート・インターフェース(SPI)は、ヨー・レートと加速度データをホスト・マイクロコントローラに送信します。4 ビットの巡回冗長検査(CRC)では、送信された SPI データのフォルト検出率を提供し、内部フォルト検出ルーチンでは、報告されたすべてのヨー・レートおよび加速度データの完全性を確保します。完全に統合された電子機械式連続セルフ・テスト(CST)ルーチンでは、各 MEMS 要素の健全性を評価するために実行時間を診断することができます。

高度なジャイロ・センサーの設計では、衝撃および振動による設計加速度効果を排除し、ADXC1500 が過酷な環境でも動作できるようにします。加速度センサー・シグナル・チェーンは、このような同類の過酷な環境で過負荷状態が発生させないことを目的に設計されています。

ADXC1500 は、3.3 V または 5 V で動作するように設計されています。ADXC1500 の電流消費は 16 mA を下回り、電力重視のアプリケーションで使用することができます。

アプリケーション

  • 横滑り防止装置
  • シャーシ制御装置

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ディスカッション

ADXC1500 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明