製品概要

機能と利点

  • 超高検知度の光検出器
  • 超低ノイズ・フロア: 90 fA/√Hz(typ)
  • ショットノイズの限界に近い S/N 比(SNR)
  • アクティブ時の電源電流: 137 μA(typ)(EE = 0 μW/cm2
  • スタンバイ時の電源電流: 1 μA(typ)
  • 高速、ディープ・ジャンクション・フォトダイオード
  • 公称リニア出力電流: 240 μA(typ)
  • 柔軟な出力構成
  • 優れたパルス応答
  • 高い周辺光除去
  • 省スペースの 3 mm × 4 mm LFCSP パッケージ

製品概要

ADPD2212 は生物医学アプリケーション向けに最適化された光センサーです。ゼロ・バイアスの光導電モードで動作する超低容量のディープ・ジャンクション・シリコンのフォトダイオードと低ノイズ電流アンプをともにパッケージに収納することにより超低消費電力で理想に近い S/N 比(SNR)を実現しています。ADPD2212 の帯域幅性能は 400 kHz(typ)で、パルス励起との使用に最適です。ADPD2212 の動作中の電力は非常に小さく、パワーダウン・ピンが組み込まれているのでパワーサイクルが可能で、携帯用アプリケーションにおいてバッテリ寿命を最適化します。ADPD2212 はショットノイズを最小限にした性能が得られるので、微弱な光の条件で可能な限り最高の忠実度で信号を測定するには最適の選択となります。低消費電力、非常に高い S/N 比および EMI 耐性との組み合わせにより、従来のフォトダイオード(PD)+トランスインピーダンス・アンプ(TIA)では不可能な低消費電力システム・ソリューションが可能となります。 

  • アプリケーション
  • 心拍計、パルス酸素モニタ(フォトプレチスモグラフィ)
  • バッテリ駆動の医療センサー
  • 化学解析

製品ライフサイクル icon-not-recommended 最終販売

このファミリーの全製品について製造中止が予定されています。製品の最終購入をご検討の場合は、弊社営業担当、あるいは販売代理店にお問い合わせください。また、「製造中止情報」 をご覧いただき、最終受注期限および最終引き受け納期をご確認ください。

評価キット (1)

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。