製品概要

機能と利点

  • シリアル・データ入力:8.5Gbps~11.3 Gbps
  • リファレンス・クロックが不要
  • ジッタの転送、生成、耐性に対するすべてのSONET/SDH条件を凌駕
  • 量子化感度::9.2 mVp-p(typ)(リミット・アンプ・モード)
  • オプションの制限アンプ入力とイコライザ入力
  • G.8251 OTNをサポートするプログラマブルなジッタ伝送帯域幅
  • プログラマブル・スライス・レベル
  • サンプル位相調整機能
  • 出力極性反転機能
  • I2Cを介したプログラマブルなLOSスレショールド
  • I2Cによるオプショナル機能のアクセス
  • LOS警告(制限アンプ・モードのみ)
  • LOLインジケータ
  • PRBS発信器/検出器
  • アプリケーションによる消費電力
    • 352 mW @ 8.5 Gbps、イコライザ・モード、クロック出力無し
    • 430 mW @ 11.3 Gbps、イコライザ・モード、クロック出力無し
  • 電源:1.2V、1.8 V ~ 3.3 V、3.3V
  • 4 mm × 4 mm 24ピンLFCSP

製品概要

ADN2917は、レシーバー機能を備えており、量子化と信号レベル検出機能、および8.5Gbps~11.3GBPSの連続したデータ・レートでのクロックおよびデータの再生機能を提供します。ADN2917は、外部のリファレンス・クロックまたはプログラミングの必要なしに、全てのデータ・レートに自動的にロックします。ADN2917のジッタ性能は、ジッタ伝達、ジッタ生成、ジッタ耐性などに関して、SONET/SDHによって要求される全てのジッタ仕様条件を越えています。

ADN2917は、手動または自動のスライス調整と手動のサンプル位相調整を提供します。更に、ユーザは、入力でのリミット・アンプまたはイコライザを選択することができます。イコライザは、追加調整または手動設定が可能となっています。

レシーバのフロントエンド信号損失(LOS)検出回路は、ユーザが設定するスレッショールドを入力信号レベルが下回った時に表示します。このLOS検出回路には、LOS出力でのチャタリングを防止するヒステリシスがあります。加えて、入力の信号強度はI2Cレジスタを通して読み取ることができます。

またADN2917は、擬似ランダム・バイナリ・シーケンス(PRBS)の生成、ビット・エラー検出および入力データ・レートのリードバック機能もサポートします。

ADN2917は、小型の4mm×4mm、24ピン、リード・フレーム・チップ・スケール・パッケージ(LFCSP)パッケージを採用しています。AND2917の仕様は、他の注意事項のない限り、–40℃~+85℃の周囲温度範囲にわたって規定されています。

アプリケーション

  • SONET/SDH OC-192、10GFC、および10GE と全ての関連したFEC
  • XFP、ライン・カード、クロック、ルータ、リピータ、計測機
  • いかなるレートの再生成/リピータが可能

製品ライフサイクル icon-not-recommended 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

評価キット (1)

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明