製品概要

機能と利点

  • エンベロープの閾値検出とラッチ 
  • 広い入力周波数範囲: DC ~ 6 GHz 
  • ±1.0 dB入力範囲: ≤45 dB 
  • ±1.0 dB入力レベル: -30 dBm ~ +15 dBm @100 MHz 
  • プログラマブルな閾値およびラッチ・リセット機能
  • 伝搬遅延: 12 ns typ(RFIN から Q/Q のラッチまで)
  • 全ての機能は温度、電源電圧に対して安定 
  • −40 ℃ ~ +105 ℃ で 3.3 V 動作 
  • 静止電流:3.5 mA (typ)
  • パワーダウン電流: 100 μA(typ)
  • 16 ピン 3 mm × 3 mm LFCSP パッケージ

製品概要

ADL5910 はDC ~ 6 GHz で動作する無線周波数(RF)検出器です。このデバイスは、プログラマブルなエンベロープ閾値検出を行います。

エンベロープ閾値検出では、内部エンベロープ検出器からの電圧をユーザー設定の入力電圧と比較します。エンベロープ検出器からの電圧がユーザー設定の閾値電圧を超えると、内部コンパレータがこの事象を取り込み、セット/リセット(SR)フリップフロップにラッチします。RF 入力信号がユーザー設定の閾値を超えてから出力がラッチされるまでの応答時間は 12 ns です。ラッチされた事象はリセット・パルスが与えられるまでフリップフロップに保持されます。

ADL5910 の RF 入力は DC 結合なので、任意の低い AC 周波数まで動作可能です。このデバイスは 3.3 V 電源で動作し、消費電流は 3.5 mA です。ENBL ピンにロジック・ロー・レベルを加えると、パワーダウン・モードになり、この電流が 100 μA に減少します。

ADL5910は3mm×3mmの16ピンLFCSPパッケージを採用し、-40~+105°Cの拡張温度範囲で動作します。

アプリケーション

  • ワイヤレス・パワーアンプの入力/出力保護
  • ワイヤレス・レシーバの入力保護
  • RFパルスの検出とトリガ

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

ツール

S-Parameters

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。