ADGS1612
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADGS1612

SPI インターフェース、1 Ω RON、±5 V、12 V、5 V、3.3 V、Mux 設定可能、クワッド SPST スイッチ

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$3.39
機能
  • エラー検出機能付き SPI インターフェース
    • CRC、無効な読出し/書込みアドレス、SCLK カウント・エラーの検出を含む
    • バースト・モードとデイジーチェーン・モードをサポート
    • 業界標準 SPI モード 0 および SPI モード 3 インターフェース互換
  • ブレークビフォアメークのスイッチング動作が保証されているため、外部配線のスイッチでマルチプレクサ構成が可能
  • 25 °C で 1 Ω(代表値)のオン抵抗
  • 25 °C で 0.23 Ω(代表値)のオン抵抗平坦性
  • アナログ信号範囲: VSS ~ VDD
    • ±5 V、12 V、5 V、3.3 V の電源で仕様規定
    • 両電源動作: ±3.3 V ~ ±8 V
    • 単電源動作: 3.3 V ~ 16 V
  • 1.8 V ロジックとの互換性(2.7 V ≤ VL ≤ 3.3 V)
  • 4 mm × 4 mm の 24 ピン LFCSP パッケージ
製品概要
show more Icon

ADGS1612 は、4 つの独立した単極/単投(SPST)スイッチを内蔵しています。 スイッチはシリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)によって制御されます。 SPI インターフェースは、巡回冗長性チェック(CRC)エラーの検出、無効な読出し/書込みアドレスの検出、シリアル・クロック(SCLK)カウント・エラーの検出など、強力なエラー検出機能を備えています。

複数の ADGS1612 デバイスをデイジーチェーンで構成できます。 デイジーチェーンでは、最小限のデジタル・ラインで複数のデバイスを構成できます。 さらに、ADGS1612 をバースト・モード動作して、SPI コマンド間の時間を短縮することもできます。

各スイッチがオンの状態では、両方向に均一に信号が伝達されます。また、各スイッチは電源までの入力信号範囲を備えています。 スイッチがオフの状態では、電源に達する信号レベルはブロックされます。

これらのスイッチは、オン抵抗(RON)がきわめて小さいため、低 RON と低歪みが重要なデータ・アクイジションやゲイン切り替えアプリケーションに最適なソリューションです。 RON のプロファイルは、アナログ入力の範囲全体にわたって非常にフラットであるため、オーディオ信号を切り替える際に優れた直線性と低歪みを実現します。 ADGS1612 は、ブレークビフォアメークのスイッチング動作が可能なため、マルチプレクサ・アプリケーションで使用できます。 このデータシートでは、複数機能を持つピン、RESET/VL は、全機能を表すピン名で表記するか、あるいは特定の機能のみが該当するところでは VL のようにピンの 1 つの機能で表記しています。

製品のハイライト

  1. SPI インターフェースにより、パラレル変換とロジック・トレースの必要がなくなり、汎用入出力(GPIO)チャンネル数が減ります。
  2. デイジーチェーン・モードでは、複数のデバイスを使用する場合にロジック・トレースを追加する必要がありません。
  3. CRC 検出、無効な読出し/書込みアドレス検出、および SCLK カウント・エラー検出により、堅牢なデジタル・インターフェースとなっています。
  4. CRC エラー検出機能を備えているため、ADGS1612 はセーフティクリティカルなシステムで使用できます。
  5. ブレークビフォアメークのスイッチング動作が保証されているため、外部配線を使用したマルチプレクサ構成で ADGS1612 を使用できます。
  6. 最小の歪み。

アプリケーション

  • 通信システム
  • 医療用機器
  • オーディオおよびビデオ信号ルーティング
  • ATE(自動試験装置)
  • データ・アクイジション・システム
  • バッテリ駆動のシステム
  • サンプル&ホールド・システム
  • リレーの代替
 

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$3.39

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADGS1612BCPZ
  • HTML
  • HTML
ADGS1612BCPZ-RL7
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-ADGS1612

ADGS1612 評価用ボード

zoom

EVAL-ADGS1612

ADGS1612 評価用ボード

ADGS1612 評価用ボード

機能と利点

  • エラー検出機能付き SPI インターフェース
  • CRC、無効な読出し/書込みアドレス、SCLK カウント・エラーの検出を含む
  • アナログ電源電圧 
    • 両電源: ±3.3 V ~ ±8 V
    • 単電源: 3.3 V ~ 16 V
  • 評価用ソフトウェアと組み合わせて PC 制御
  • EVAL-SDP-CB1Z SDP

製品の詳細

EVAL-ADGS1612SDZ は ADGS1612 用の評価用ボードです。 ADGS1612 はシリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)によって制御される、iCMOS のクワッド単極単投(SPI)スイッチです。 SPI には、堅固なエラー検出機能が組み込まれています。 巡回冗長性チェック(CRC)エラー検出、無効な読出し/書込みアドレス検出、およびシリアル・クロック(SCLK)カウント・エラー検出などの機能がこれに該当します。 複数の ADGS1612 デバイスをデイジーチェーンで構成できます。 これにより、最小限のデジタル配線で複数のデバイスを構成できます。 また ADGS1612 は、SPI コマンドの間隔を短縮するバースト・モードをサポートしています。

EVAL-ADGS1612SDZ は、USB ポートを介して PC に接続されたシステム・デモンストレーション・プラットフォーム(SDP)によって制御されます。 ADGS1612 はこの評価用ボードの中央に位置しており、ソースと各ドレイン・ピンに接続するためにワイヤ・スクリュー端子が用意されています。 3 つのスクリュー端子がデバイスに電力を供給します。4 番目の端子は一定のデジタル・ロジック電源電圧を提供します(必要な場合)。 あるいは、デジタル・ロジック電源電圧は SDP から供給することもできます。

ADGS1612 の詳細な仕様については、アナログ・デバイセズから入手できる ADGS1612 データシートを参照してください。評価用ボードを使用する際は、このユーザー・ガイドと併せて、データシートを参照してください。

評価用ボードは SDP ボードを介して PC の USB ポートに接続します。 EVAL-SDP-CB1Z ボード(SDP-B コントローラ・ボード)は、アナログ・デバイセズの Web サイト(www.analog.com)でご注文いただけます。
ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 3

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

最近閲覧した製品