製品概要

機能と利点

  • 帯域幅:7.0GHz
  • 電源電圧:3.2V~3.6V
  • チャージ・ポンプ用電源(VP)が分離しているため、3.3Vシステムで拡張チューニング電圧が可能
  • プログラマブル・デュアル・モジュール・プリスケーラ:8/9、16/17、32/33、64/65
  • プログラマブルなチャージ・ポンプ(CP)電流
  • プログラマブル・アンチバックラッシュ・パルス幅
  • 3線式シリアル・インターフェース
  • アナログとデジタルのロック検出機能
  • ハードウェアとソフトウェアによるパワーダウン・モード
  • ADIsimPLLを使ってループ・フィルタの設計が可能

製品概要

周波数シンセサイザADF4108は、ワイヤレス受信器及び送信器のアップ・コンバージョンやダウン・コンバージョン部で使われる局部発振器(LO)として使うことが出来ます。この製品は、ローノイズのデジタル位相周波数デテクタ(PFD)、高精度チャージ・ポンプ、プログラマブルなリファレンス・デバイダ、プログラマブルなAカウンタとBカウンタ、及びデュアル・モジュールのプリスケーラ(P/P+1)から構成されています。Aカウンタ(6ビット)とBカウンタ(13ビット)は、デュアル・モジュール・プリスケーラ(P/P+1)と組み合わせて、Nデバイダ(N=BP+A)が作られます。さらに、14ビットのリファレンス・カウンタ(Rカウンタ)で、PFD入力のREFIN周波数を選択することができます。このシンセサイザICに、外部のループ・フィルタと外部の電圧制御発振器(VCO)を組み合わせることで、完全なPLLが実現します。非常に高い帯域幅(7GHz)は、多くの高周波システムにおいて、周波数のダブラまたはプリスケーラの必要性を排除できることを意味し、システム・アーキテクチャを簡素化しコストを削減します。

アプリケーション

  • ブロードバンド・ワイヤレス・アクセス
  • 衛星システム
  • 計測機器
  • ワイヤレス LAN
  • 無線通信のベース・ステーション

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

ディスカッション

ADF4108S Discussions

ADF4108S 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明