製品概要

機能と利点

  • 帯域幅:7.0GHz
  • 電源電圧:3.2V~3.6V
  • チャージ・ポンプ用電源(VP)が分離しているため、3.3Vシステムで拡張チューニング電圧が可能
  • プログラマブル・デュアル・モジュール・プリスケーラ:8/9、16/17、32/33、64/65
  • プログラマブルなチャージ・ポンプ(CP)電流
  • プログラマブル・アンチバックラッシュ・パルス幅
  • 3線式シリアル・インターフェース
  • アナログとデジタルのロック検出機能
  • ハードウェアとソフトウェアによるパワーダウン・モード
  • ADIsimPLLを使ってループ・フィルタの設計が可能

製品概要

周波数シンセサイザADF4108は、ワイヤレス受信器及び送信器のアップ・コンバージョンやダウン・コンバージョン部で使われる局部発振器(LO)として使うことが出来ます。この製品は、ローノイズのデジタル位相周波数デテクタ(PFD)、高精度チャージ・ポンプ、プログラマブルなリファレンス・デバイダ、プログラマブルなAカウンタとBカウンタ、及びデュアル・モジュールのプリスケーラ(P/P+1)から構成されています。Aカウンタ(6ビット)とBカウンタ(13ビット)は、デュアル・モジュール・プリスケーラ(P/P+1)と組み合わせて、Nデバイダ(N=BP+A)が作られます。さらに、14ビットのリファレンス・カウンタ(Rカウンタ)で、PFD入力のREFIN周波数を選択することができます。このシンセサイザICに、外部のループ・フィルタと外部の電圧制御発振器(VCO)を組み合わせることで、完全なPLLが実現します。非常に高い帯域幅(7GHz)は、多くの高周波システムにおいて、周波数のダブラまたはプリスケーラの必要性を排除できることを意味し、システム・アーキテクチャを簡素化しコストを削減します。

アプリケーション

  • ブロードバンド・ワイヤレス・アクセス
  • 衛星システム
  • 計測機器
  • ワイヤレス LAN
  • 無線通信のベース・ステーション

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明