ADAV4312
: 製造中止
searchIcon
cartIcon

ADAV4312

Audio Processor for Advanced TV with Sound IF Demodulator and Stereo Decoder

すべて表示 showmore-icon

: 製造中止 tooltip
: 製造中止 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • Sound IF (SIF) processor SIF demodulator and broadcast stereo decoder
  • Fully configurable 28 bit audio processor - loads comprehensive TV audio flow on reset
  • Also supports SigmaStudio™ with Analog Devices Inc and third party branded algorithms for custom design
  • High performance 24-bit ADC and DAC
  • 4 stereo synchronous digital I2S® input channels
  • 2 stereo asynchronous I2S channels with integrated SRC supporting input sample rates from 5 kHz to
  • 1 stereo synchronous digital I2S output
  • S/PDIF output with S/PDIF input mux capability
製品概要
show more Icon
The ADAV43x2/ADAV44x2 are part of a family of enhanced audio processors targeting advanced TV applications, with full support for digital and analog baseband audio as well as multistandard broadcast SIF demodulation and decoding.

The audio processor, by default, loads a dedicated TV audio flow that incorporates full matrix switching (any input to any output), automatic volume control that compensates for volume changes during advertisements or when switching channels, dynamic bass, a multiband equalizer, and up to 200 ms of stereo delay memory for audio-video synchronization.

Alternatively, Analog Devices offers an award-winning graphical programming tool (SigmaStudio™) that allows custom flows to be quickly developed and evaluated. This allows the creation of customer-specific audio flows, including the use of Analog Devices' library of third-party algorithms.

The analog I/O integrates Analog Devices' proprietary continuous-time, multibit Σ-Δ architecture to bring a higher level of performance to ATV systems, required by third-party algorithm providers to meet system branding certification. The analog input is provided by 95 dB dynamic range (DNR) ADCs, and the analog output is provided by 95 dB DNR DACs.

The main speaker outputs can be supplied as a voltage out from the integrated DAC channels (ADAV4312 and ADAV4322) or as a digitally modulated PWM stream to support digital amplifiers (ADAV4412 and ADAV4422).

The ADAV43x2/ADAV44x2 include multichannel digital inputs and outputs. In addition, two of the digital input channels can be routed through integrated sample rate converters (SRC), which are capable of supporting any arbitrary sample rate from 5 kHz to 50 kHz.

Applications

  • General-purpose consumer audio postprocessing
    Home audio
    DVD-Rs
    Home-theater-in-a-box (HTIB) systems and DVD receivers
  • Audio processing subsystems for DTV-ready TVs
  • Analog broadcast capability for iDTVs

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

技術資料 0
show more Icon
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

最近表示した製品