ADAS1135
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADAS1135

電流toデジタルADCモジュール、256チャンネル、24ビット

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • 256チャンネル、電流toデジタル変換モジュール
  • 最大24ビット分解能
  • 可変積分時間
    • 最高速積分時間:22.6 kSPS max
    • (44.2 μs min)@ 20ビット分解能
  • 低消費電力:どのスループットでも2.3 mW/チャンネル
  • 積分非直線性
    • 測定値の±0.050%、FSRの±1.0 ppm:全チャンネルがアクティブ状態
  • 超低ノイズ
  • 同時サンプリング
    • デッド・タイムなし、電荷損失なし、100%電荷収集
  • ユーザ調整可能なフルスケール範囲
  • 温度センサとレファランス・バッファ内蔵
  • 15 mm × 15mm、CSP_BGAパッケージ
  • 簡単なプリント回路基板 (PCB)の設計
    • 電源とリファレンスのデカップリング用コンデンサを内蔵
    • ピッチ0.80 mm のBGAにより低価格のPCB技術が可能
  • サポート・ツール
    • 評価ボード
    • レファレンス・レイアウト付きレファレンス設計
    • FPGAヴェリログ・コード


製品概要
show more Icon

ADAS1135は、256チャンネル、電流toデジタル、A/Dコンバータ(ADC)モジュールです。低消費電力、低ノイズ、低入力電流の積分器、同時サンプル&ホールドを256個、最大24ビット分解能でサンプリング・レートが設定可能な高速、高分解能ADCを2個内蔵しています。全チャンネルが同時にサンプリングすることと、サンプリング過程を通して電荷損失が無ないことを保証できるようにADAS1135のシグナル・チェーンとサンプリング・アーキテクチャは設計されています。 

全部の変換されたチャンネル結果はデュアル、低電圧差動伝送(LVDS)、自己クロック駆動(外部のハードウェアを減らします)のシリアル・インターフェースに出力します。 

SPI互換シリアル・インターフェースによりSDI_x入力を使用してADCの設定が可能です。SDO_x出力は複数のADCを単一の4線バス上でデイジーチェーン接続することが可能です。ADAS1135は変換時のデジタル・ノイズの影響を低減するために別電源IOVDDを使用します。 

ADAS1135は15 mm × 15 mm、CSP_BGAパッケージを採用します。 

アプリケーション

  • 医療、工業、セキュリティCTスキャナーのデータ・アクイジション
  • フォトダイオード・センサー
  • 線量測定システムと放射線療法システム
  • 光ファイバ・パワーのモニタリング
  • X線検出システム
  • 多チャンネル・データ・アクイジション・システム(電流入力又は電圧入力)


この製品のショートフォーム・データシートは、この製品ページからダウンロードすることができます。 詳細なハードウェアおよびソフトウェアのガイドを含んだ完全なデータシートは、秘密保持契約(NDA)の完成後にご提供できます。 完成したフォームを ADAS@analog.com 宛てにEメール(英語)でお送りください。より詳しいお問い合わせは最寄りの販売代理店でお受けしています。 

さらに技術な情報をお求めの場合はアナログ・デバイセズの正規販売代理店にお問い合わせください。 

アナログ・デバイセズのヘルスケア製品とその他関連情報についてはwww.analog.com/jp/healthcareを参照してください。 

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

最近閲覧した製品