AD831
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

AD831

ミキサー、500MHz、低歪み、高性能

すべて表示 showmore-icon

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • 2重バランスのミキサ
  • 低歪み
    +24dBmの3次インターセプト(IP3)
    +10dBmの1dB圧縮ポイント
  • 低いLOドライブ特性:-10dBm
  • 消費電力をプログラム可能
  • 帯域幅
    500MHzのRFおよびLO入力帯域幅
    250MHzの差動電流IF出力
    DCから200MHzのシングル・エンド電圧IF出力
  • 単一またはデュアル電源動作
    すべてのボートをDCカップリング
    最低周波数限度なし-DCから動作
製品概要
show more Icon

AD831は、低歪み、広ダイナミックレンジのモノリシック・ミキサーです。HFおよびVHFのレシーバでのRFからIFへのダウンコンバージョン、DMR基地局の第2ミキサー、ダイレクトからベースバンドへの変換、直交変復調、超音波イメージングのドップラー信号のシフト検出などの用途に適しています。ミキサーはLOドライバとローノイズ出力アンプを内蔵し、消費電力と3次インターセプト・ポイントはいずれもユーザ設定が可能です。

AD831は、-10dBmのLO電力入力で+24dBmの3次インターセプト・ポイントを実現します。このためシステム・パフォーマンスが向上するほか、高消費電力のLOドライバの必要性やそれに付随するシールドや分離の問題がなくなることから、システム・コストが受動ミキサーよりも低くなります。

RF、IF、およびLOの各ポートには、±5Vの電源で動作している場合はDCまたはACで、単電源(9V以上)で動作しているときはACで結合できます。ミキサーは最大500MHzのRF入力とLO入力で動作します。

IF出力は、差動電流出力またはシングル・エンド電圧出力が可能です。差動出力は一対のオープンコレクタから得られ、トランスまたはコンデンサのAC結合によって250MHzの出力帯域を提供します。ダウンコンバージョンを行う際には、これらの出力の間に1つのコンデンサを接続することでローパス・フィルタを形成し、ミキサーのコアにおいて高調波を直接低減することで出力に対するフィルタリングを簡素化します。直交振幅変調器またはイメージ除去ミキサーに使用するときは、AD831を2個接続することで両者の差動電流出力が合成できます。

内蔵のローノイズ・アンプはシングル・エンド電圧出力を行い、フィルタ、50Wアンプ入力、A/Dコンバータなどの低インピーダンス負荷を駆動できます。小さい信号帯域は200MHzを超えます。OUTピンとFBピンの間に抵抗器を1個接続することで、ゲインを設定できます。アンプのDCオフセットが小さいため、AD831は、ダイレクトからベースバンドへの変換や直交振幅復調などの直接結合のアプリケーションに使用することができます。

AD831のSSBノイズ・フィギュアは、出力アンプと最適ソース・インピーダンスを使用した場合、70MHzで10.3dBです。受動ミキサーと異なり、挿入損失がなく、外付けのダイプレクサや受動的な終端は必要ありません。

バイアスがプログラム可能であることから、1dB圧縮ポイントと3次インターセプト・ポイントを下げて消費電力を低減することができます。この機能により、ダイナミックレンジと消費電力のトレードオフが可能になります。たとえばセルラ基地局や双方向無線の基地局で第2ミキサーとして使用した場合でも消費電力の低減が可能であり、受動的なソリューションに比べて大きな性能向上を図ることができます。

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

EVAL-AD831

AD831 Evaluation Board

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

最近閲覧した製品