AD779
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

AD779

14 ビット・サンプリング A/D コンバータ、128 kSPS、全機能内蔵型

すべて表示 showmore-icon

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$83.30
特長
  • AC および DC 性能を仕様規定(K、B、T グレード)
  • 変換速度: 128k/秒
  • フル・パワー帯域幅: 1 MHz
  • フル・リニア帯域幅: 500 kHz
  • S/N+D 比: 80 dB(K、B、T グレード)
  • 2 の補数のデータ・フォーマット(バイポーラ・モード)
  • ストレート・バイナリのデータ・フォーマット(ユニポーラ・モード)
  • 入力インピーダンス: 10 MΩ
  • 16 ビット・バス・インターフェース(8 ビット・バス・インターフェースについては AD679 を参照)
  • リファレンスおよびクロックを内蔵
  • 入力電圧範囲: 10 V(ユニポーラまたはバイポーラ)
製品概要
show more Icon

AD779 は全機能内蔵型の多目的 14 ビット・モノリシック A/D コンバータで、サンプル&ホールド・アンプ(SHA)、マイクロプロセッサ互換のバス・インターフェース、電圧リファレンス、およびクロック生成回路で構成されています。

AD779 は、信号処理アプリケーションで重要な S/N+D 比、THD、IMD などの AC(または動的)パラメータを仕様規定しています。さらに、AD779K、B、T グレードでは、計測アプリケーションで重要な DC パラメータも完全に仕様規定しています。

14 個のデータ・ビットは、1 回の読出し動作で 16 ビット・バスを介してアクセスされます。データ・フォーマットはユニポーラ・モードでストレート・バイナリ、バイポーラ・モードで 2 の補数バイナリです。入力のフルスケール範囲は 10 V で、1 MHz のフル・パワー帯域幅と 500 kHz のフル・リニア帯域幅を達成します。入力インピーダンス(10 MΩ)が高いため、信号の劣化なしにバッファされていない信号源に直接接続できます。

この製品は、低消費電力の CMOS ロジックと高精度で低ノイズのバイポーラ回路を組み合わせたアナログ・デバイセズの BiMOS プロセスで製造され、薄膜抵抗のレーザ・トリミングで高精度を確保しています。誤差補正およびフラッシュ型コンバータ回路を含む再帰的なサブレンジング・アルゴリズムの採用により、高速度と高分解能を実現します。

AD779 は、+5 V および ±12 V 電源で動作し、消費電力は 560 mW(代表値)です。28 ピン・プラスチック DIP およびセラミック DIP パッケージを採用しています。


製品のハイライト

  1. 全機能を集積: AD779 は、高速サンプル&ホールド・アンプ(SHA)、ADC、5 V リファレンス、クロック、およびデジタル・インターフェースを組み合わせて 1 個のチップに集積することにより、必要な外付け部品を最小限に抑えています。これにより、ディスクリート設計では実現不可能なサンプリング A/D 機能を完全に仕様規定しています。
  2. 仕様: AD779K、B、T グレードでは、AC および DC パラメータを完全に仕様規定し、テストして確認しています。AD779J、A、S グレードでは、AC パラメータを仕様規定し、テストして確認しています。DC の精度仕様では代表値を示しています。DC 仕様(INL、ゲイン、オフセットなど)は、制御および計測アプリケーションで重要です。AC 仕様(S/N+D 比、THD、IMD など)は、信号処理アプリケーションで有用です。
  3. 使いやすさ: ピン配列はボード・レイアウトを簡素化できるように設計され、1 サイクルの読出し出力は 16 ビット・バスに対応しています。出荷時にトリミングされるため、補正モードも外部トリミングも使用せずに、定格性能を達成することができます。
  4. 信頼性: AD779 は、アナログ・デバイセズのモノリシック BiMOS 技術を採用しています。このため、マルチチップやハイブリッド設計と比較して長期の信頼性を確保しています。
  5. AD779 では、MIL-STD-883 に準拠したバージョンを提供しています。
    詳細な仕様については、Analog Devices Military Products Databook または最新の AD779/883B のデータシートを参照してください。

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$83.30

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
AD779JNZ
  • HTML
  • HTML
AD779KD
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

3 7, 2019

- 19_0046

Assembly Transfer of 18,20,24,28 Lead PDIP to Cirtek

11 9, 2011

- 11_0050

Transfer of ADI Hermetics Assembly location from Paranaque, Manila to General Trias, Cavite Philippines

11 9, 2011

- 11_0182

Test Site Transfer from Analog Devices Philippines Inc in Paranaque to Analog Devices General Trias in Cavite, Philippines

7 7, 2023

- 23_0057

Obsolescence of AD779KD

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

3 7, 2019

- 19_0046

arrow down

Assembly Transfer of 18,20,24,28 Lead PDIP to Cirtek

11 9, 2011

- 11_0050

arrow down

Transfer of ADI Hermetics Assembly location from Paranaque, Manila to General Trias, Cavite Philippines

11 9, 2011

- 11_0182

arrow down

Test Site Transfer from Analog Devices Philippines Inc in Paranaque to Analog Devices General Trias in Cavite, Philippines

7 7, 2023

- 23_0057

arrow down

Obsolescence of AD779KD

最近閲覧した製品