製品概要

機能と利点

  • 2個の14ビット、2チャンネルADC
  • 真のバイポーラ・アナログ入力
  • プログラマブルな入力範囲
    ±10V、±5V、0~+10V
    +3Vの外部リファレンスで±12V
  • スループット・レート:500kSPS
  • 高アナログ入力インピーダンス
  • 低消費電流
    ノーマル・モード時:5.1mA(typ)
    シャットダウン・モード時:320nA(typ)
  • 2μs未満の読出しで同時変換
  • AD7367-5
    50kHzの入力周波数時で76dBのS/N比
    14ビット、ノー・ミッシング・コード
  • 高精度オンチップ・リファレンス:2.5V±0.2%
  • 動作温度範囲:-40~+85℃
  • 高速シリアル・インターフェース
    SPI、QSPI™、MICROWIRE™、DSP互換
  • iCMOSプロセス技術

製品概要

AD7366-5/AD7367-5は、最大500kSPSのスループット・レートで動作する低消費電力の逐次比較型12/14ビットA/Dコンバータ(ADC)です。各デバイスは、2個のADC(前段に2チャンネル・マルチプレクサを配置)と低ノイズ、広帯域幅のトラック&ホールド・アンプを備えています。

AD7366-5/AD7367-5は、アナログ・デバイセズの工業用CMOSプロセス(iCMOS®)で製造されています。このプロセス技術は低/高電圧CMOSの利点を組み合わせたプラットフォームであり、消費電力とパッケージ・サイズを低減するほか、高電圧のバイポーラ信号の入力を可能にします。AD7366-5/AD7367-5では、±10V、±5V、0~+10Vの電圧範囲で真のバイポーラ・アナログ信号の入力が可能です。

オンチップの2.5Vリファレンスをディスエーブルにすれば、外部リファレンスを使用できます。DCAPAピンとDCAPBピンに外部から3Vのリファレンスを印加する場合、AD7366-5/AD7367-5は±12V範囲の真のバイポーラ・アナログ入力信号に対応します。±12Vの入力範囲に対しては、最低±12VのVDDとVSS電源が必要です。

製品のハイライト

  1. ±10V、±5V、±12V(外部リファレンスの場合)、および0~+10Vのユニポーラ信号のほか、真のバイポーラ・アナログ入力信号に対応します。
  2. 2つの完全なADC機能により、2チャンネルの同時サンプリングおよび変換が可能です。
  3. 500kSPSのシリアル・インターフェースは、SPI、QSPI™、MICROWIRE™、DSP互換です。

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明