AD6432
: 製造中止
searchIcon
cartIcon

AD6432

GSM 3 V Transceiver IF Subsystem

すべて表示 showmore-icon

: 製造中止 tooltip
: 製造中止 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品概要
show more Icon
The AD6432 IF IC provides the complete transmit and receive IF signal processing, including I/Q modulation and demodulation, necessary to implement a digital wireless transceiver such as a GSM handset. The AD6432 may also be used for other wireless TDMA standards using I/Q modulation.

The AD6432's receive signal path is based on the proven architecture of the AD607 and the AD6459. It consists of a mixer, gain-controlled amplifiers, integrated roofing filter and I/Q demodulators based on a PLL. The low noise, high-intercept variable-gain mixer is a doubly-balanced Gilbert-cell type. It has a nominal -13 dBm input-referred 1 dB compression point and a 0 dBm input-referred third-order intercept.

The gain-control input accepts an external control voltage input from an external AGC detector or a DAC. It provides an 80 dB gain range with 27.5 mV/dB gain scaling, where the mixer and the IF gains vary together.

The I and Q demodulators provide inphase and quadrature baseband outputs to interface with Analog Devices' AD7015 and AD6421 (GSM, DCS1800, PCS1900) baseband converters. An onboard quadrature VCO, externally phase-locked to the IF signal, drives the I and Q demodulators. The quadrature phase-locked oscillator (QPLO) requires no external components for frequency control or quadrature generation, and demodulates signals at standard GSM system IFs of 13 MHz, or 26 MHz with a reference input frequency of 13 MHz; or, in general, 1X or 2X the reference frequency. Maximum reference frequency is 25 MHz.

This reference signal is normally provided by an external VCTCXO under the control of the radio's digital signal processor. The transmit path consists of an I/Q modulator and buffer amplifier, suitable for carrier frequencies up to 300 MHz and provides an output power of -17.5 dBm in a 50 Ohm system. The quadrature LO signals driving the I and Q modulator are generated internally by dividing by two the frequency of the signal presented at the differential LO port of the AD6432. In both the transmit and receive paths, onboard filters provide 30 dB of stopband attenuation.

The AD6432 comes in a 44-lead plastic thin quad flatpack (TQFP) surface mount package.

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

最近閲覧した製品