製品概要

機能と利点

  • 広帯域シングルエンド RF 入力
  • RMS 検出器の 3.9 GHz までの検出精度: ±1 dB
  • 入力ダイナミック・レンジ: -60 dBm ~ +8 dBm
  • 30 dB の入力範囲でのエンベロープ検出精度: ±1 dB
  • エンベロープ検出帯域幅: > 150 MHz
  • デジタル設定可能な積分帯域幅 
  • パワーダウン・モード
  • 24 ピン 4 mm x 4 mm SMT パッケージ: 16 mm²
  • エンベロープ・トラッキングによるパワーダウン・モード

製品概要

HMC1120 は、広帯域エンベロープ・ディテクタを内蔵した RMS パワー・ディテクタです。RMS 出力は、70 dB の入力検出範囲で測定した実際の RF 信号電力を温度補償した単調性のあるデシベルリニア値です。このエンベロープ・ディテクタは、最大 150 MHz の変調帯域幅で RF 入力信号の振幅エンベロープに線形比例する高精度電圧を出力します。HMC1120 は、広帯域幅のエンベロープ検出を行うので、GSM、WCDMA、LTE のシステムで一般的に使用される広帯域で高クレスト・ファクタの RF 信号の検出に最適です。さらに、瞬時エンベロープ出力を使って、過大な RF 電力の高速保護、PA の線形化、効率を高めるエンベロープ・トラッキング PA を実装することができます。 

HMC1120 の RMS 検出器の積分帯域幅は、入力ピン SCI1 ~ SCI4 により、4 ディケード以上の範囲でデジタル設定できます。これにより動作帯域幅をダイナミックに設定し、同じプラットフォームで異なるタイプの変調を検出することもできます。 

HMC1120 は RMS 出力段にオペ・アンプを内蔵し、これにより、スロープ調整やインターセプト調整を行って様々なアプリケーションに対応します。 

アプリケーション
  • 対数から 2 乗平均値(RMS)への変換
  • Tx/Rx 信号強度表示(TSSI/RSSI)
  • RF パワー・アンプの効率制御
  • レシーバの自動ゲイン制御
  • トランスミッタの電力制御
  • エンベロープ・トラッキング
  • PA の線形化

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

ツール

S-Parameters

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード

表示されている価格は、1個あたりの価格です。

analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。