光ファイバの監視と制御

光ケーブルへのインターフェースには、電気ドメインと光ドメインの間の信号変換を管理するために、特定の物理層のトランスミッタとレシーバーが必要です。この変換は通常、光トランシーバー・モジュールで実行されます。当社は、レーザーやシリコン・フォトニクスなどの光トランスミッタ・デバイスを駆動する製品ファミリと、フォトダイオードからの信号を増幅、再整形、リタイミングするレシーバーを提供しています。これらの製品は現在、最大50Gbpsのビットレートで提供されています。また、光モジュールに必要なチップセットを取り揃えるために、光モジュール・アプリケーション向けに最適化された制御およびパワー・マネージメント製品も提供しています。
製品セレクション・テーブル