製品概要

機能と利点

  • ADSP-SC573 400 ピン 17 × 17 mm BGA
  • 2 GB DDR3 メモリ
  • 128 MB SPI フラッシュ
  • 2 x イーサネット(1 × 10/100、1 × GigE)
  • ADAU1979 クワッド ADC
  • ADAU1962A 12 チャンネル 24 ビット DAC
  • 診断機能付き ADAU1977 クワッド ADC
  • SPDIF 入出力、光および同軸
  • UART
  • 2 CAN トランシーバー + RJ11 コネクタ
  • USB OTG
  • SD/MMC メモリ コネクタ
  • HADC
  • EI3 拡張インターフェース
  • CrossCore® Embedded Studio EZ-KIT のライセンスと ICE-1000 エミュレータ

製品概要

ADSP-SC573 プロセッサは、SHARC® ファミリーの製品です。ADSP-SC573 プロセッサは、SHARC+ デュアルコアおよび arm® Cortex-A5TM コアをベースにしています。ADSP-SC573 SHARC プロセッサは、アナログ・デバイセズのスーパー・ハーバード・アーキテクチャを特長とする DSP の SIMD SHARC ファミリーの製品です。これらの 32 ビット/40 ビット/64 ビット浮動小数点演算プロセッサは、高性能オーディオ/浮動小数点演算アプリケーション用に最適化され、大容量オンチップ・スタティック・ランダム・アクセス・メモリ(SRAM)、入出力(I/O)ボトルネックを解消する複数の内部バス、および革新的なデジタル・オーディオ・インターフェース(DAI)を内蔵しています。SHARC+ コアの新しい機能強化による、キャッシュの強化、分岐予測、およびその他の命令セットの向上—すべて、以前の SHARC 製品との命令セット互換性を維持しながら実現しています。EZ-KIT には、必要なハードウェアがすべて付属しているため、すぐに評価を開始できます。

Markets and Technologies

対象となる製品

Package Contents

ADSP-SC573 EZ-Board パッケージには、次の項目が含まれます。

  • ADSP-SC573 EZ-Board PCB
  • 汎用 5V DC 電源
  • イーサネット・ケーブル
  • USB A/micro B ケーブル
  • USB micro A/A レセプタクル・ケーブル
  • ICE-1000
  • バッグ内のスタンドオフとネジ
  • リリース・ノート
  • 2GB SD カード

推奨システム動作環境

お使いの PC が CCES インストールの以下の最小要件を満たしていることを確認してください。

  • 2 GHz シングルコア・プロセッサ(3.3 GHz デュアルコア以上を推奨)
  • 4 GB RAM(8 GB 以上を推奨)
  • 2 GB の使用可能なディスク領域
  • オープン USB ポート 1 個

注:システム条件の最新情報については、 CrossCore® Embedded Studio Release Notes を参照してください。

ソフトウェア

Middleware

Operating Systems and Middleware
Analog Devices, in collaboration with several Alliance partners, provides the following operating system and middleware offerings to enable a user-friendly programming environment for applications developed using the Blackfin® and SHARC® processor families. These real-time kernels and services software seamlessly integrate with CrossCore® Embedded Studio.

Product Downloads

ADSP-SC5XX Board Support Package - Current Release (Rev. 2.0.2)

Middleware

ADSP-SC5xxプロセッサ・ファミリ向けのLinuxカーネルおよび開発ツール

HCC EmbeddedのUSBスタックは、幅広く使用されている成熟したスタックで、ほぼあらゆるUSB構成に対応しています。

HCC EmbeddedのTCP/IPスタックは、主要なプロトコルをすべて備え、IPv4とIPv6の両方をサポートしています。

CrossCore Embedded Studio向け軽量TCP/IP(lwIP)スタックは、組み込みプラットフォーム用に広く採用されているTCP/IPスタックの実装の1つで、TCP/IPセットの大半のネットワーキング・プロトコルに対応しています。

HCC EmbeddedのFATシステムは、FAT 12/16/32準拠のメディアを製品に取り付ける必要のある組み込みアプリケーションで使用するために、全機能を装備し最適化されています。

アナログ・デバイセズのプロセッサ向けFreeRTOSは、アナログ・デバイセズのプロセッサ用のリアルタイム・オペレーティング・システムです。

Software Development Tools

CrossCore Embedded Studioは、アナログ・デバイセズのBlackfin®、SHARC®、Arm®の各プロセッサ・ファミリ向けに用意された、世界トップクラスの統合開発環境(IDE)です。

今後リリースされるCrossCoreシリアル・フラッシュ・プログラマは、CrossCoreユーティリティ製品の一部として販売されます。CrossCoreユーティリティは、Cortex-Mプロセッサを使用するためのいくつかの機能を備えています。これまでこのようなユーティリティはIARおよびKeilツールチェーン向けの様々なボード・サポート・パッケージの中で販売されてきましたが、維持管理の利便性向上のため、本製品に集約されました。

ハードウェア (1)

Emulator Hardware

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。