製品概要

機能と利点

  • ADSP-SC573 400 ピン 17 x 17 mm BGA
  • 2 GB DDR3 メモリ
  • 128 MB SPI フラッシュ
  • 2 x イーサネット(1 x 10/100、1 x GigE)
  • ADAU1979 クワッド ADC
  • ADAU1962A 12 チャンネル 24 ビット DAC
  • 診断機能付き ADAU1977 クワッド ADC
  • SPDIF 入出力、光および同軸&
  • UART
  • 2 CAN トランシーバー + RJ11 コネクタ
  • USB OTG
  • SD/MMC メモリ コネクタ
  • HADC
  • EI3 拡張インターフェース
  • CrossCore® Embedded Studio EZ-KIT のライセンスと ICE-1000 エミュレータ

製品概要

ADSP-SC573 プロセッサは、SHARC® ファミリーの製品です。ADSP-SC573 プロセッサは、SHARC+ デュアルコアおよび ARM® Cortex-A5TM コアをベースにしています。ADSP-SC573 SHARC プロセッサは、アナログ・デバイセズのスーパー・ハーバード・アーキテクチャを特長とする DSP の SIMD SHARC ファミリーの製品です。これらの 32 ビット/40 ビット/64 ビット浮動小数点演算プロセッサは、高性能オーディオ/浮動小数点演算アプリケーション用に最適化され、大容量オンチップ・スタティック・ランダム・アクセス・メモリ(SRAM)、入出力(I/O)ボトルネックを解消する複数の内部バス、および革新的なデジタル・オーディオ・インターフェース(DAI)を内蔵しています。SHARC+ コアの新しい機能強化による、キャッシュの強化、分岐予測、およびその他の命令セットの向上—すべて、以前の SHARC 製品との命令セット互換性を維持しながら実現しています。EZ-KIT には、必要なハードウェアがすべて付属しているため、すぐに評価を開始できます。

Markets & Technology

対象となる製品

Package Contents

ADSP-SC573 EZ-Board パッケージには、次の項目が含まれます。

  • ADSP-SC573 EZ-Board PCB
  • 汎用 5V DC 電源
  • イーサネット・ケーブル
  • USB A/micro B ケーブル
  • USB micro A/A レセプタクル・ケーブル
  • ICE-1000
  • バッグ内のスタンドオフとネジ
  • リリース・ノート
  • 2GB SD カード

推奨システム動作環境

お使いの PC が CCES インストールの以下の最小要件を満たしていることを確認してください。

  • 2 GHz シングルコア・プロセッサ(3.3 GHz デュアルコア以上を推奨)
  • 4 GB RAM(8 GB 以上を推奨)
  • 2 GB の使用可能なディスク領域
  • オープン USB ポート 1 個

注:システム条件の最新情報については、 CrossCore® Embedded Studio Release Notes を参照してください。

ソフトウェア

Product Downloads

ADSP-SC5XX Board Support Package - Current Release (Rev. 2.0.2)

Middleware

The Micriµm µC/OS-III® Real-Time Kernel for CrossCore Embedded Studio (CCES) provides a user-friendly programming environment for µC/OS-III applications running on Blackfin and SHARC processors.
CROSSCORE® EMBEDDED STUDIO向けのµC/FS File System
FreeRTOS for Analog Devices Processors is a Real Time Operating System for Analog Devices Processors.
ADSP-SC5xxプロセッサ・ファミリ向けのLinuxカーネルおよび開発ツール
The Micriµm µC/OS-II® Real-Time Kernel for CrossCore Embedded Studio (CCES) provides a user-friendly programming environment for µC/OS-III applications running on Blackfin and SHARC processors.
CrossCore® Embedded Studio向けµC/USB Device Stack
The Lightweight TCP/IP (lwIP) Stack for CrossCore Embedded Studio is and implementation of this widely accepted TCP/IP stack for embedded platforms supporting most of the networking protocols in the TCP/IP suite.
µC/USB Host Stack for CrossCore Embedded Studio (CCES) is the result of a partnership between Analog Devices and Micriµm to provide a user-friendly programming environment for embedded applications requiring USB Host functionality.

Software Development Tools

Future releases of CrossCore Serial Flash Programmer will be distributed as part of the CrossCore Utilities product. CrossCore Utilities provides several utilities for use with Cortex-M processors. These utilities have previously been distributed within various Board Support Packages for the IAR and Keil toolchains, and are collected together in this product for convenient maintenance.
CrossCore® Embedded Studioは、アナログ・デバイセズのBlackfin®、SHARC®、ARMの各プロセッサ・ファミリ向けに用意された、世界トップクラスの統合開発環境(IDE)です。

ハードウェア (1)

Emulator Hardware

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。