リモート・モニタリング

リモート・モニタリング用ワイヤレス・センサー・ネットワーク

環境モニタリング大規模な環境モニタリングには、高密度で導入でき、バッテリ駆動時間が長く、最も過酷な環境下でも動作する、きわめて信頼性が高く、スケーラブルかつレジリエントなワイヤレス・ネットワーク・ソリューションが必要です。

リモート・モニタリング用ワイヤレス・センサー・ネットワークには、以下の利点があります。

  • 超低消費電力でバッテリ寿命が延びるため、バッテリ交換の必要性が最低限に抑えられる
  • 高い信頼性が確保されるため、メンテナンス回数が削減される
  • 難しい地形および大きな空間でもカバレッジが可能になる
  • 厳しい気象条件に耐えられる

環境モニタリング

CITRIS(Center for Information Technology Research in the Interests of Society: 社会的利益のための情報技術研究センター)は、カリフォルニア大学マーセド校の Roger C. Bales 教授およびカリフォルニア大学バークレー校の Steven D. Glaser 教授と協力して、シエラ・ネバダ山脈の積雪の状態を測定してレポートする必要がありました。雪に関する情報は、渇水や洪水の予測ならびに経済面での公共分野、民間分野への水の均等配分などに利用されるほか、農業計画の鍵となります。積雪の深さに加えて、日射量、相対湿度、土壌の湿度、マトリック・ポテンシャル、および気温も測定する必要がありました。ケース・スタディをお読みください

この水管理ソリューションを支える SmartMesh 製品はバッテリ寿命が長く、インテリジェント・ネットワーク機能、およびセンサーの配置を最適化するための詳細なネットワーク統計を提供します。CITRIS は、人里離れた山岳地帯の過酷な環境にある地域一帯に分散設置された数百のセンサーを使用して、積雪の含水量データをリアルタイムで効率的に収集できます。