産業用オートメーション

産業用監視および制御用ワイヤレス・センサー・ネットワーク

産業用オートメーション監視および​制御情報が利用しやすくなると、プラント、工場、製油所などの産業環境でエンジニアの可視性が改善され、最終的には意思決定力が向上します。 

SmartMesh ワイヤレス・センサー・ネットワーク(WSN)は、プロセス監視、プロセス制御、装置の状態監視、腐食検出などの広範なアプリケーションでアプリケーションのコストおよび複雑さを大幅に低減し、規制コンプライアンスを保証するために使用されます。

産業用オートメーションおよびプロセス制御用ワイヤレス・センサー・ネットワークには、以下の利点があります。

  • メンテナンス回数が削減され、ケーブル配線が不要なため、システムおよびインフラストラクチャのコストが低減される
  • 条件を監視して予測するため、材料の使用効率が改善される
  • 以前は有線ソリューションで管理できなかった作業を自動化することによって、プロセス安全性が向上する

プロセス監視

SmartMesh WirelessHART 対応ソリューションは信頼性が非常に高く、導入および管理が簡単なため、エンジニアは生産性を向上させるために必要なときに必要な測定値を取得できます。WirelessHART(IEC62591)規格ベースのフィールド・デバイスを活用すると、デバイスの試運転が有線の場合と同様に簡単になります。新しいスキル、ツール、またはコンサルタントは必要ありません。実世界では、自己管理式の WirelessHART ネットワークは、有線センサーと比較して導入コストが 90% 削減されることが示されており、産業環境でセンサーを広く導入する際の障害がなくなります。

たとえば、アイルランドのコークにある GlaxoSmithKline の工場は、処方薬の製剤に使用される有効成分の多くを製造している戦略拠点です。生産性を向上させるために、2 つの貯水タンクを新しく追加しました。水位と使用量を測定する必要があった GlaxoSmithKline は、導入コストを削減し、運用やデータ収集を中断することなくネットワークを簡単に拡張できるため、Emerson Process Management の Rosemount® スマート・ワイヤレス流量および圧力トランスミッタを選択しました。Rosemount スマート・ワイヤレス製品ファミリーでは、Dust Networks® SmartMesh® 技術を使用して、信頼性および安全性が高く、レジリエントなワイヤレス・メッシュ・センサー・ネットワークを作りました。溝を掘ってケーブルを敷設しなくてもセンサー・データを送信できるため、導入コストが大幅に削減されます。SmartMesh インテリジェント・ネットワークも、中断することなく必要に応じてネットワークを安全に拡張できます。ケース・スタディをお読みください


装置の状態監視

工場のインフラストラクチャが経年劣化するにつれて、装置の故障による予定外のダウンタイムが増えていきます。ARC Advisory Group によると、北米の生産の 5% は予期しないダウンタイムによって失われていると言われています。ワイヤレスによって、工場で重要と見なされるいくつかのインフラストラクチャだけでなく、多くのインフラストラクチャの監視をコスト効率よく実現できます。

トップクラスのメーカーは予防メンテナンスの価値を十分に理解していますが、今までは経年劣化しているすべてのインフラストラクチャにセンサーを取り付けるという非現実的な問題がありました。


腐食検出

石油およびガス業界では、経年劣化したパイプラインやタンクが主な問題になっています。手動のプロセスを使用した腐食の監視は、非常にコストと時間がかかり、信頼できるものではありません。ワイヤレス腐食センサーのネットワークはコスト効率よく導入することができ、破局的な故障が発生する前に問題を確実に特定できます。


規制コンプライアンス

生体試料管理の世界的なリーディング・カンパニーは、施設で手作業による記録の使用を低減するにあたって、2 つの目的を念頭においていました。その目的とは、生産性を向上させることと、各検査の検証結果が厳格な FDA 条件を継続して確実に満たすことです。

清掃しにくい配線ダクトの滅菌の問題を解消し、培養器、冷蔵ユニット、配管、および回転装置の状態を測定するときに設置しやすいため、有線ソリューションではなく、SmartMesh 対応ワイヤレス・センサー・ネットワークが採用されました。このシステムでは、技術者がリアルタイム・データをリモートで確認し、センサーの履歴データを集計できるため、時間と労力を大幅に節約できます。


​​半導体製造の高圧ガス容器の使用量監視

半導体企業は、稼働時間、歩留まり、およびスループットが最大になるように半導体ウェーハ製造施設(ファブ)を綿密に管理しています。工場操業チームは、製造プロセスから 1% に満たなくても効率改善を引き出すために常に新しい方法を探しています。Linear Technology Corporation のシリコン・バレーのファブでは、製造業務を合理化するために SmartMesh IP ワイヤレス・センサー・ネットワークが使用されています。高圧ガス容器のレベルを監視し、供給が途切れる前に補充をスケジュールします。ケース・スタディをお読みください