データ・センター

グリーン・データ・センター用ワイヤレス・センサー・ネットワーク

データ・センターデータ・センターは世界で最も電力を消費しているため、消費電力を削減する機能が不可欠です。実際には、データ・センターの電気使用量の合計は米国で 5 番目に多くなっています。データ・センターの消費電力の 1/3 ~ 1/2 は、空調装置、ファン、除湿器、およびポンプから生じるものです。

データ・センター・エネルギー管理用ワイヤレス・センサー・ネットワーク(WSN)には、以下の利点があります。

  • 消費電力が 1 平方フィート当たり最大 9 ドル削減されるため、データ・センターの運営コストが低減される
  • データ・センターのダウンタイムが削減され、稼働率が向上する
  • ケーブルやダクトの敷設が不要になり、再配線および再構成に関連するコストが削減される
  • データ・センターの再構成および設備更新が簡素化される

SmartMesh 対応 WSN は、ケーブルやダクト不要でデータ・センターに導入できるという点で他に類がありません。温度、圧力、および湿度のセンシング・ネットワーク全体をデータ・センターの稼働を一瞬たりとも中断することなく導入でき、工事も不要です。この環境を管理するには、データ・センターの温度条件に関するより適切な情報を取得する機能が不可欠であり、その機能によって IT マネージャはデータ・センターを以前より総コストを抑えて高い稼働率で運営できます。

たとえば、Vigilent が開発した SmartMesh 対応センシングおよび制御システムは、データ・センター全体の重要な場所で温度を測定し、冷却装置で生成された冷気を可変速ファンとリモート通気制御によって適切な場所に向けて、冷気の量を自動的に調整できます。ケース・スタディをお読みください

エネルギー性能の最適化に適した場所にセンサーを正確に配置し、IT 装置のアップグレードに必要な柔軟性を維持しながら、温度環境の信頼性を確保できるのは、SmartMesh ベースのワイヤレス・ソリューションだけです。

データ・センターにインテリジェント・センシング・システムを追加すると、平均的なデータ・センターで消費電力量を年間数十万 kWh 削減できます。米国では今後 4 年間でデータ・センターが 40 ~ 50% 増加すると予想されているため、変更は緊急課題です。